現在の閲覧者数:

AGEAGE

.
日清のどん兵衛 × けものフレンズ 「ふっくら」
https://www.youtube.com/watch?v=LjaVOMyQEpI









キタキツネとギンギツネがきつねうどんを作る 「どん兵衛×けものフレンズ」コラボCM公開
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000093-it_nlab-life


newsキタキツネとギンギツネがきつねうどんを作る 「どん兵衛×けものフレンズ」コラボCM公開




 日清のインスタントうどん「どん兵衛」と、アニメ「けものフレンズ」がコラボした新CMが解禁されました。

 CMに登場しているのはキタキツネとギンギツネのふたり。ハカセから「きつねが出ているから」と依頼され、しぶしぶ請け負うことになった様子。キツネにきつねうどんを作らせる直球ギャグ、さすがハカセです。

 ハカセから「どん兵衛」について詳しいことは知らされていないようですが、ふたりは「ふっくら」させるためのヒントを求めて「どん兵衛」のCMをチェックすることに。

 そこに映し出されたのは「どんぎつね(キツネのコスプレをした吉岡里帆さん)」が披露するかわいらしい不思議な踊り。キタキツネは何やらピンと来てしまったようです。

 キタキツネに「踊ったらできるんだよ」とそそのかされたギンギツネは渋々ながらもどんぎつねの踊りに挑戦。見事に踊りきったものの、残念ながら「どん兵衛」は出来上がらず「できてないじゃない!」と憤慨。そりゃそうだ。

 隣にいたキタキツネは「お湯入れたらできたよ」と、シレッと答えにたどり着いたもよう。ギンギツネがキタキツネのいつものマイペースさに振り回されていただけのような気もしますが、なんとかハカセからのミッションは達成できました。めでたしめでたし。




星野源と『けものフレンズ』コラボと言っても過言ではない? どん兵衛のキャンペーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170919-00010004-kaiyou-ent


news星野源と『けものフレンズ』コラボと言っても過言ではない? どん兵衛のキャンペーン




日清のどん兵衛と『けものフレンズ』とのコラボレーション映像が、9月19日(火)に公開されました。

制作はもちろん、TVアニメ同様たつき監督。

登場するのはCMキャラクターであるどんぎつね、ではなく、三森すずこさん演じるキタキツネと、相坂優歌さん演じるギンギツネです。
キタキツネとギンギツネはどん兵衛を食べられるのか

どん兵衛のつくり方に悩むキタキツネとギンギツネの2人。

そんな時、TVから流れてきたのは星野源さんと吉岡里帆さんが出演している、どん兵衛の実際のCM。

それを見たキタキツネは、ギンギツネに踊ってと指示します。果たして、2匹はどん兵衛を食すことができるのでしょうか。
『Mステ ウルトラFES』への出演も話題

『ケロロ軍曹』の著者・吉崎観音さんがコンセプトデザインを手掛ける『けものフレンズ』。

アニメ第1話はニコニコ動画の再生回数が1,000万回突破、主要キャストで結成された「どうぶつビスケッツ×PPP」は音楽番組『ミュージックステーション』への出演を果たすなど、大きな盛り上がりを見せています。

直近でも、18日に放送された『MUSIC STATION ウルトラFES』にも出演。

大きな舞台で主題歌「ようこそジャパリパークへ」を披露する姿に、同曲の作者である大石昌良(オーイシマサヨシ)さんは、感動のあまり涙で前が見えなくなってしまいました。




本日、日清どん兵衛が爆売れしているたった1つの理由 / ネットの声「昼飯はどん兵衛にするか」「これはどん兵衛買うしかない」
http://rocketnews24.com/2017/09/20/957513/


news本日、日清どん兵衛が爆売れしているたった1つの理由 ネットの声「昼飯はどん兵衛にするか」「これはどん兵衛買うしかない」




うどん・そばのカップ麺と言えば日清のどん兵衛。特に私(中澤)はきつねうどんが好きだ。まじウマいよどん兵衛きつねうどん。

現在、そんなきつねうどんが爆売れしている。ネットでは「昼食はどん兵衛」との声があふれているのだ。一体どん兵衛に何があったというのか?

・星野源と『けものフレンズ』がコラボ

実は、2017年9月19日、日清のどん兵衛が公開した新たなCMが話題になっているのだ。そのCMの名前は、「どん兵衛 × けものフレンズ『ふっくら』」という。

そう、JRAやアニサマなど様々なコラボを成功させているアニメ『けものフレンズ』が、ついにどん兵衛ともコラボしたのである。

CMの内容は、星野源さんと吉岡里帆さんが登場するCM「どんぎつね」を『けものフレンズ』のキャラ・ギンギツネとキタキツネが見つつどん兵衛を作るというもの。これはある意味、星野源さんと『けものフレンズ』のコラボとも言えるのではないだろうか。

9月20日13時現在、どん兵衛公式がつぶやいたこのCMの告知ツイートは10万リツイートを突破。ネットでも以下の声が広がっている。
・ネットの声

「今日はどん兵衛でも食べるか」
「これはどん兵衛買うしかない」
「息子がどん兵衛&けもフレコラボ映像見て大喜びしていた」
「ギンギツネ踊ってたけど破壊力ヤバすぎる」
「どん兵衛さん何やってんすか…」
「どん兵衛食べよ」
「普段ほぼ確実に売っているどん兵衛が消滅している」
「朝、どん兵衛でした」
「昼飯はどん兵衛にするか」

──どうりでどん兵衛がいつもより品薄だと思ったよ! 毎回本編と変わらない高いクオリティーで楽しませてくれる『けものフレンズ』コラボ。次はどことコラボするのか楽しみである。2期も震えて待ーつ!




日本はなぜ明治維新から短期間で国力を高め、日清戦争に勝つことができたのか=中国
https://news.infoseek.co.jp/article/searchina_1644362/


news日本はなぜ明治維新から短期間で国力を高め、日清戦争に勝つことができたのか=中国




 現在、すさまじい勢いで経済成長を続けている中国。現代でこそ日本が中国より先に先進国になったが、中国人からすれば「日本はずっと中国の歴代王朝に学んできた存在」だという思いがあり、日本に対して複雑な気持ちを抱かざるを得ないようだ。

 だが、中国メディアの今日頭条は17日、「日清戦争に向けて日本人がどれだけの努力をしたか知っているか」と疑問を投げかける記事を掲載し、日本が日清戦争に向けていかにして国力を増強し、清を打ち破ったのかを考察している。

 江戸時代まで鎖国を行っていた日本は、明治維新を経て極めて短期間で「脱亜入欧」を果たし、列強の仲間入りを実現させた。記事は、日本が明治維新からわずか数十年ほどで国力を大幅に高めたことを指摘したうえで、日清戦争に向けて日本は軍艦の建造のために皇室から政府関係者、さらには裕福な一般人まで全国民が一致して寄付を行ったことを紹介した。

 そして、日本はわずか2年ほどの期間でアジア最高水準の海軍を作り上げ、日清戦争の際には国をかけて戦い、中国を打ち破り、多くの賠償金と領土を獲得したと紹介。これは下関条約のことであり、日本は当時の国家予算の約2倍に相当するお金を手に入れ、初の海外植民地として台湾を獲得することとなった。

 まとめとして記事は、日本は国土こそ小さかったが、「全国民が一致して1つの目的に向けて邁進した」ことこそが日清戦争で日本が勝利を収めた理由であり、中国人が日本の集団主義を恐れる理由がこれであると指摘。中国人が日本人の特性や特徴を知り、日清戦争で敗れた背景について思い返すことには大きな価値があると主張した。

 近年は日中関係が冷え込んでいるが、戦争や武力衝突は非現実的なものと言えよう。中国人が日本人の特性や特徴を知ることは価値があるのかもしれないが、今は平和的な方法で日中の諸問題を解決する時代であり、日中間の諸問題もぜひ平和的解決を望みたいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)



猫型さん、さとしゅんさん、情報ありがとうございます。

火曜日の記事は月曜日のうちに書いといた

ものなので、すでにコラボの話は出ていた


時間だったがスルー。


けものフレンズとどん兵衛がコラボ。


この動画の最初に流れる旋律は実際のけも

のフレンズの9話で使われるサウンドトラ


ックだが、これが何なのかわからない読者

はいないでせうな?



わからない、わかりたくないヤツはバカチ

ョン認定待ったなし!!!!(縛w



日清食品は言わずと知れた台湾人の企業。

日清戦争で清が負けたのはさぞかし痛快で


せうな(縛w

要するに台湾といえば反可汗一味



GHQサマナになりたくなければ、せいぜ

いグルテンを含有してない小麦でも開発す


ることでつね。

まあうちの読者はうどん=小麦じゃなくて


十割そばを食べてくだちい(縛w


で、話はここから。


キタキツネに踊らされるギンギツネ。




アカギツネ-Wikipedia


wikiアカギツネ

wikiアカギツネ2

wikiアカギツネ3




ギンギツネから転送)

ネコ目イヌ科キツネ属に属する哺乳動物の1種。全北区を中心に世界中に広く分布し、特にユーラシア大陸北部と北米大陸の住民にとって、最も身近なキツネである。

その名のとおり、毛皮は赤みを帯びた褐色を基調とするが、天然の灰色の遺伝的多型(ギンギツネ)が見られる。さらに、ギンギツネの家畜化によって、人に慣れた品種も生み出されている。

日本には、他のキツネ属の動物は自然分布しないため、日本語で単に「キツネ」というときは、通常アカギツネを指す英語でもイギリスとアイルランドでは、他の野生のイヌ科動物が棲息しないため、アカギツネが単にFox と呼ばれる。

アカギツネの棲息域は、地上性の食肉目の中で最大であり、北アメリカからユーラシア、さらに一部は北アフリカに及ぶ。そのため、アカギツネは数多くの亜種を持つ。

アカギツネの彫像(稲荷像



ギンギツネはアカギツネ。

Foxといえばエ下劣(縛w


日本も出てくるが、キツネといえば日本そ

のものではなく稲荷。


稲荷といえば秦氏(縛w

「キタ」に踊らされるエ下劣と秦氏(縛w



ten北チョンのミサイルは戦後体制において北チョンに影響力を行使してきた連中に直撃してる
北チョンに先制攻撃するのは誰なのか?⇒こちら


踊らされてまんなぁ(縛w

企業とのコラボ動画だからと言ってCMと


してだけ作るんじゃなくてちゃんと「謎」

が仕込まれてるということなんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!






ten非せんべい系のかばんにチェンジ
日本のミサイル基地の資金源⇒こちら




けものフレンズ 1205匹目
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/anime2/1505908331/


2chけものフレンズ 1205匹目317




→最初かばんがなくて無印に注文したんだよね
→でもみんな知ってるか、検索すると出てくるし。今度新しいの作る



検索結果を貼り付けてるブログがあったよ

ね(縛w


かばんちゃんっていうぐらいだから、コス

プレするならかばんを持ってなきゃおかし


いわけで、かばんがないから注文したって

のはあり得ないでつね。


結局新しく作ることになった、つまり非せ

んべい系のかばんにチェンジ!!!!


ってことでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





両陛下が埼玉へ私的旅行 日高の高麗神社、見頃のヒガンバナを見て回られる 大勢の市民ら歓迎
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00010006-saitama-l11


news両陛下が埼玉へ私的旅行 日高の高麗神社、見頃のヒガンバナを見て回られる 大勢の市民ら歓迎




 天皇、皇后両陛下は20日、私的旅行で埼玉県内を訪問、日高市の高麗神社や巾着田曼珠沙華(まんじゅしゃげ)公園などを見て回られた。県によると、両陛下の来県は2014年11月に深谷市などを訪れて以来。熊谷市内のホテルに宿泊し、21日は深谷市出身の実業家・渋沢栄一の記念館などを視察される。

 両陛下はこの日正午ごろ、大勢の市民らが沿道で歓迎する中、高麗神社に到着。神社を参拝された後、隣接する高麗家住宅(国指定重要文化財)を訪れた。

 高麗神社は朝鮮半島の高句麗が7世紀に滅亡した前後に、日高市を中心とする地域に移り住んだ渡来人ゆかりの神社で、高句麗の王族が祭られている。両陛下は高麗文康宮司(50)から、高句麗の人々が渡来した歴史などについて熱心に説明を聴き、参拝を済ませた。

 その後は約500万本のヒガンバナが見頃を迎えた同公園に移動。一面に赤いじゅうたんを敷き詰めたような景色を見ながらゆっくりと散策され、「美しいですね」などと感想を話していた。

 今回の訪問は、両陛下の希望を織り込んだ私的旅行の位置付けで、さまざまな歴史に触れてもらうのが目的。宮内庁が13年から年2回ほど、機会を設けている。




ten北チョンと言えば高句麗の領土だったあたり
北チョンを巡る大戦略⇒こちら


高句麗といえば北チョン。

北チョンといえばミサイル。


tern先人たち命を懸けて守った日本や皇室を冒涜したらタヒねと言われるのは当然
日本のミサイル基地の資金源⇒こちら


こないだ書いたばっかりでつね。



tenその頂点が皇室
「保守」とは何か?⇒こちら



内閣改造したばっかでは?⇒こちら


うちが立て続けに神を崇め奉ったところ、

神の思し召しのご下賜。


うちのごとき雑草ブログに過分の恩寵、恐

悦至極と申し上げるほかございません。





京王電鉄と「けものフレンズ」がコラボ スタンプラリーやヘッドマークなど展開 /東京
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000025-minkei-l13


news京王電鉄と「けものフレンズ」がコラボ スタンプラリーやヘッドマークなど展開 /東京




 京王電鉄と多摩動物公園(日野市程久保7)、井の頭自然文化園(武蔵野市)が9月21日から、「けものフレンズ」とコラボしたイベント「京王の電車に乗って動物たちに会いに行こう! 多摩&井の頭 Zoo×けものフレンズ すたんぷらりー」を始める。(八王子経済新聞)

全てのスタンプを集めた人には先着でヘッドマーク型オリジナルチャームを進呈

 2015年にスマートフォン用ゲームがリリースされ、今年1月にテレビアニメ化された「けものフレンズ」。今回は多摩動物公園、井の頭自然文化園とそれぞれの最寄り駅である京王動物園線多摩動物公園駅、京王井の頭線吉祥寺駅にスタンプ台を設置してスタンプラリーを行う。

 スタンプ帳は京王線新宿駅・多摩動物公園駅、京王井の頭線渋谷駅・吉祥寺駅と多摩動物公園、井の頭自然文化園で合わせて4万冊を配布するほか、ホームページでもダウンロードできるようにする。期間中に全ての場所でスタンプを集め、多摩動物公園駅改札付近に設置する景品交換所で「コンプリート印」を押してもらった人にはヘッドマーク型オリジナルチャームを進呈する。

 同チャームのデザインは今月21日~10月6日=サーバル、10月7日~22日=フェネック。それぞれ先着4500人限定。各チャームが配布終了となった場合には、オリジナルステッカーを配布する。テレビアニメでサーバル役を務めた声優・尾崎由香さんによる直筆サイン入りポスターをはじめとした特別賞も用意する。

 高幡不動~多摩動物公園駅間を走る「Tama zoo Train」では、イベントに合わせオリジナルヘッドマークを週替わりで掲示する。デザインは、9月21日~27日=サーバル、28日~10月4日=キリン、5日~11日=フェネック、12日~22日=アフリカタテガミヤマアラシ。10月7日・8日・14日・15日には尾崎さんが車両アナウンスの放送を手掛けた臨時列車も運行する。

 期間中、多摩動物公園、井の頭自然文化園では「けものフレンズ」のキャラクターとコラボした解説ボードの展示を行う予定。



どうぶつビスケッツといえば3人、という

のは読者ならすでにご存じ。


しかし登場するのは2人だけで、なぜかア

ライさんが。。。(朴w





ジャガイモ農家「補助金」の裏に、きたるべき“戦争”への布石
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000027-zdn_mkt-bus_all


newsジャガイモ農家「補助金」の裏に、きたるべき“戦争”への布石




 農林水産省が今年春の「ポテチ品薄騒動」を踏まえて、加工用ジャガイモを生産する農家に補助金を出すというニュースが流れた。

 これを受けてネットでは、「うちの近所のスーパーじゃ、ポテチ山積みだぞ」「なぜジャガイモだけ特別扱い?」と釈然としないという意見が多く寄せられている。確かに、昨年夏は天候不順によって農家のみなさんが壊滅的な被害を受けたものの、今年は生産量も回復して例年並となっている。厳しい経営を強いられる農家は他にもたくさんいるなかで、ポテチの原料だけに30億円もの公金が投入されるのは不公平だというのだ。

 そんななかで、解散総選挙の報道もあって、「政府が選挙対策のためのバラまきでは」なんて陰謀論までささやかれている始末だ。

 いわゆる「バラまき」というのは、旧民主党を平成21年度衆院選で大勝させた農業者戸別所得補償制度や、「子ども手当て」のように、対象が広くなくては意味がない。ジャガイモ生産の8割を占める北海道の生産者も1万戸程度、しかも、補助金の使途も、種イモや加工用ジャガイモの生産力アップのための機械の導入や、選別作業の効率化となっている。「バラまき」にしてはあまりにも限定的だ。

 そうなると、ますます謎が深まっていくと首を傾げる方も多いかもしれないが、実は答えは拍子抜けしてしまうほどシンプルである。国として、きたるべき「戦争」に備えて、加工用ジャガイモの生産体制を強化させておきたいからだ。

 いやいや、いくら北朝鮮と米国が一触即発で日本も巻き込まれる恐れがあるからって、ジャガイモで飢えをしのごうなんて太平洋戦争じゃあるまいし、と思うかもしれないが、ここで言う「戦争」はそういう類のものではない。

 ポテチ品薄騒動後、水面下で激しいつばぜり合いが行われている「日米ジャガイモ戦争」のことだ。

●ジャガイモをめぐる戦いもかなりアツい

 日本と米国の間の貿易戦争というと、どうして自動車や牛肉、米という分野ばかりに目がいってしまうが、実はジャガイモをめぐる戦いもかなりアツい。

 米農務省によると、日本国内で消費されているジャガイモ製品の78%は実は米国のジャガイモ農家によって供給されている。マクドナルドをはじめとする外食産業で出されているフライドポテトをはじめ、米国からの冷凍加工ジャガイモ、乾燥ジャガイモが、知らぬ間に我々の日常にはなくてはならないことになっているのだ。

 なんだ、だったら戦争もなにもハナからボロ負けじゃん、と思うかもしれないが、そんなアメリカンポテトの猛攻勢のなかで最後の砦となっているのが実は「ポテチ」なのだ。

 スーパーやコンビニのポテチの袋をご覧になっていただければ一目瞭然だが、多くのメーカーのポテチに「国産じゃがいも使用」なんてただし書きがあることからも分かるように、ポテチの原料に用いられる生鮮ジャガイモの生産を一手に引き受けているのは、国内のばれいしょ農家なのだ。

 米国からすれば、この国産ポテチはおもしろくない。

 さまざまなカテゴリーで、日本人は米国産ジャガイモを「うまい、うまい」と食べているにもかかわらず、なぜかポテトチップスという加工食品だけはメーカーも消費者も「国産」にかたくなにこだわる。こんな不可解な現象が起きているというのは、間違いなく国内ジャガイモ農家を守るための政治的な「チカラ」が働いているに違いない。そんな「陰謀論」まで米国のポテト業界ではささやかれている。

 それを象徴するのが、ポテチ不足が世間を騒がした直後、『ウォールストリートジャーナル』(4月24日)に掲載された「日本のポテトパニック、米国産の輸入拡大を」という社説である。

 この記事では、米国産の生鮮ジャガイモが日本に入ることを許されないのは、日本の「農業ロビー」による圧力だと主張し、トランプ顔負けの「フェイクニュース」を用いて、自由貿易から逃げ回っていると批判している。

 『日本は1950年に米国の生鮮ジャガイの輸入を禁止した。表向きの理由はジャガイモがんしゅ病菌やシストセンチュウといった害虫への懸念だが、それは偽りの主張に基づく保護貿易主義の一環だった。日本政府は米国産牛肉の締め出しを正当化するため、米国産牛肉が日本人の腸では消化されないと主張した』

 もちろん、日本側は「偽りの主張」などと思っていない。この社説が出た後、山本有二農相(当時)は「安易な植物防疫の非関税障壁論にはくみしない」「しっかりと防疫態勢を取っていくことが、わが国の食の安全・安心、生産者の将来不安の解消につながっている」と反論している。

●次に攻め込まれたらもうひとたまりもない

 こういう嫌味をネチネチ言われながらも、日本は米国の生鮮ジャガイモが入らぬようにガッチリガードをしてきた。しかし、2006年に厳しい検査をクリアした特定の州で生産されたジャガイモを2月から6月という期間限定で、臨海部の工場限定で入れることにしたのである。

 なぜそのようになったのか。実はその少し前に今年の春と同様に「ジャガイモ不足」が叫ばれ、カルビーが、「二月-六月はジャガイモの供給量が減り、販売量が伸び悩み気味。米国産の活用で安定的に生産できる体制を整える」(日経MJ 2007年6月4日)という対応策を打ち出したのだ。以来、ここが米国の「攻略拠点」となっている。

 『カルビーでは植物防疫法で定めたルールのもと、米国産じゃがいもを輸入しています。日本ではカルビー広島工場、鹿児島工場の2工場に限り輸入じゃがいもの加工が認められています』(カルビー社会・環境報告書2017)

 このような功績が認められたカルビーは、2011年に米国農務省海外農業局と米国大使館から「自社の国産品ジャガイモ使用量を減らすことなく、米国産ポテトの輸入にご貢献されています」(米国農務省のWebサイト)と表彰されている。

 こうした流れを振り返れば、なぜこのタイミングで加工ジャガイモ生産者に補助金が出された理由が、なんとなく見えてこないだろうか。

 2006年に、生ジャガイモを用いたポテトチップス市場のシェア7割を占める最大手の「不安」を突くことで、生鮮ジャガイモ市場はわずかながら入りこむことができた。あれから10年、再び同じような深刻なポテチ危機が訪れて、米国産ジャガイモにもお声がかかる。農業共同組合新聞(5月15日)によれば、「今回の原料不足で業界は29年度に5000トンほど追加輸入することにしている」として輸入量は過去最高水準にのぼったという。筆者が米国のポテト業界の人間ならば、一気に攻め入る好機だと考え、植物防疫検査、農薬安全基準などの規制緩和を政治的に求めていく。

 今回はどうにか持ちこたえたが、次に攻め込まれたらもうひとたまりもない――。そのような危機感を抱いた日本の「農業ロビー」が対抗策として打ち出せることといえば、政府に働きかけて補助金を出させるしかない、というのは容易に想像できよう。

●ポテチもまったく同じ構造である

 そんなの考えすぎだろと思う人もいるかもしれないが、相手国のホニャララ不足を逆手にとって、自国の輸入品の規制をこじ開けて、市場を侵略していくというのは、米国のお家芸というか、もっとも得意とする戦い方だ。

 例えば、6月に中国が14年ぶりに米国産牛肉の輸入を解禁した。

 中国は2003年の牛海綿状脳症(BSE)発生から、米国産牛肉の輸入を禁止してきた。それがなぜこうもあっさりと撤廃したのか。米中が貿易不均衡是正に向けた「100日計画」を協議するなかで、その最初の成果として牛肉の輸入再開が正式決定したというのが表向きの話だが、実はこの背景には、中国国内世論で「牛肉不足」が叫ばれていることも無関係ではない。

 日本の高度経済成長期と同じで、中国でも急激に人々の生活が欧米化しており、動物性たんぱく質の供給が間に合わず、近く牛肉不足に陥るのではないかという危機論が近年ささやかれている。もちろん、中国国内にも生産者がいるが、急速な工業化によってすさまじい勢いで農地が食いつぶされており、あの膨大な人口を食べさせるだけの供給力を失っている、というのはさまざまな専門家が指摘している。

 実はポテチもまったく同じ構造である。

 ばれいしょ農家は全体的に高齢化していて、後継者不足などで、このままでは供給が間に合わない。農家の数が減れば価格も高騰していく。国内の人口も減少していくので、ポテチの消費も減るからいいじゃんというむきもあるが、スナック菓子は価格がキモである。国産原料を維持するために値上げを迫られるようになれば、今は「日本産じゃがいも100%使用」を高らかにうたうメーカーもどこかのタイミングで方針転換を余儀なくされる。

 そんな時、貿易不均衡をちらつかせて、米国産の生鮮ポテトの輸入解禁を迫られたら、果たして日本はそれを突き返すことができるのか。

●世界に打って出ていく時期

 そんな厳しい状況は、コンビニやスーパーの棚に既にあらわれている。湖池屋のポテチには「湖池屋のポテトチップスには日本産じゃがいも100%です」と袋に目立つように記されている。マルエツなんかのPB(プライベートブランド)のポテチもしかりだ。

 しかし、圧倒的シェアを誇るカルビーの商品パッケージは、そのような「国産原料」を全面的に押し出していない。業界のリーダーがこういうスタンスだということは、もう既に「ポテチ=国産じゃがいも」という時代ではないのかもしれない。

 湖池屋といえば、「プライドポテト」という高価格ポテチがよく売れているらしい。国産ジャガイモというだけではなく、他素材も国産や高い品質にこだわったものが、消費者に受けているというのだ。

 ジャガイモ戦争の勝機もそんなところにあるような気がしてならない。補助金で生産性をあげることももちろん重要だが、なによりも日本のジャガイモがよその国に負けない高い品質だというポジションを築くことにある。

 戦争は防戦一方になったほうが負ける。農業も同じだ。自分たち国だけで食べるだけという「守り」の発想だと、国内人口が減少すればつくる人も、食べる人も減少するので、産業として衰退していくのは目に見えている。欧州などの「農業国」には自国民の腹を満たすだけではなく、よその国にまで出張って食べさせるという「攻め」の発想がある。

 日本のジャガイモもポテチだけではなく、世界に打って出ていく時期にきているのではないか。



ITmediaがうちの記事に乗っかって

キタ
wwwwwwwwwwwwwwwwww

朴るな!!!!(朴w

まあ騒ぐほどでもないかぁ。。。


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





日本でおカネを使うイギリス人の「旅の中身」
http://news.livedoor.com/article/detail/13636171/


news日本でおカネを使うイギリス人の「旅の中身」




7月に観光庁が発表したある統計がちょっとした話題になった。それは、今年4~6月に日本を訪れた外国人の中で、1人当たり最もおカネを使ったのは、中国人ではなく、英国人だったという統計結果だった。

「訪日外国人消費動向調査」によると、英国人1人当たりの支出額は、25万1171円と、前年同期比36%も上昇。イタリア人の支出額(23万3110円、同25%増)、中国人の支出額(22万5485万円、同2.5%増)を抜いてトップに立ったのである。

昨年6月、欧州連合(EU)からの離脱(=ブレグジット)を国民投票で決めた英国ではポンド安が続いており、円高の日本を敬遠するか、来ても財布のひもを締めるはずだが……。はたして、英国人は日本で何におカネを使っているのだろうか。
英国人はどんな旅を好むのか

調査では、英国人が宿泊費と飲食費(いずれも国別ランキング1位)と、娯楽費(イタリアに次いで2位)におカネを使っていることがわかった。一方、買い物代となると中国が断トツとなり、英国は15位に下落してしまう。

宿泊費におカネを使っている理由は、滞在日数にある。アジア諸国からの訪問者の平均滞在日数が4~6日なのに対して、英国やほかの欧州諸国(ドイツ、イタリア、フランス、スペイン)では「7~13日間」と「14日間以上」がほぼ半数を占めるのである。つまり、アジアからの旅行客と比較すると、英国の旅行者は、「よりゆったりした日程で、飲食や娯楽を楽しんでいる。買い物は必ずしも主眼ではない」と要約できそうだ。

実際、英国人はどのような日本旅行を好むのだろうか。早速、ロンドンの旅行代理店「ジャパン・トラベル・センター」に聞いてみた。同店は、英国在住邦人を対象にサービスを展開するが、訪日を希望する英国人も顧客とし、年間7000件以上を処理している。

オペレーションマネジャーの西川かおるさんによると、「ここ2、3年、訪日の顧客が増えている。今年の予約はすでに去年の2倍に達している」。訪日の目的はさまざまだが、「日本の文化を見る、味わう、体験する」ことを多くの旅行客が期待するという。

同じくロンドンの旅行会社で、訪日向けの旅行計画をカスタマイズする「オードリー・トラベル」のクロール・シュルツさんも、訪日を希望する英国人旅行者の主目的は「日本文化を体験すること」だという。「文化」というと、たとえば歌舞伎のような特別なことを想像するが、生活様式、街並み、店先に並ぶ品物、何を食べたり飲んだりしているかなど広い意味での日本社会のありようを意味する。

また、英国人は「日本の歴史についての関心も高い」とシュルツさん。英国には歴史好きが多く、一定の大きさの書店には必ず歴史についての書籍を集めたコーナーがある。専門の雑誌が複数出ているほか、歴史を絡めた番組がテレビで毎日のように放送されている。

訪日の人気エリアは東京や大阪といった大都市圏のほかに、京都や奈良、城下町金沢、温泉や山歩きが楽しめる箱根、飛騨高山、原爆ドームのある広島など。世界的に名高い新幹線に乗ってみたいという人も多い。事前に自分で調べて、「ここに行くにはどうしたらいいか」と積極的に聞いてくる顧客が珍しくなく、「英国人の旅行客は勉強熱心」(シュルツさん)という。
日本に行くことがブランド化している

自分だけの旅がしたいという人が少なくないため、ジャパン・トラベル・サービスでは、日本の自治体と連携しながら、通常のガイドブックには載っていないプログラムも立案。「最近はお寺での宿泊も人気です」(西川さん)。「日本に行った」ということがひとつのブランド化しており、ソーシャルメディアで友人、知人に「行ったよ」と自慢できるのもミソだという。

西川さんは、支出額約25万円について「それほど驚かなかった」という。というのも、英国人の訪日旅行(平均2週間)には2500ポンド(約35万円)ぐらいかかると認識しているからだ。

英国からアジアのほかの国、たとえばタイなどに行った場合、総支出額は5分の1ほどになる。それと比較すると、日本への旅行はハイエンドの商品だ。しかし、1回日本に行って帰ってくると、ああ、なるほどという思いをほとんどの人が持つという。「おカネを払っただけのことはあると思うようになる」(西川さん)。

確かに、おカネを払った分の見返り、つまりコストパフォーマンスの意識が高い英国人からすると、日本での食費、交通費、美術館などの入場料には割安感がある。たとえばロンドンでは、無料で入れる美術館は多いものの、昼にサンドイッチとジュースを買うだけで1000円から1200円、地下鉄の初乗りがもし現金で買うと約700円になり(電子カード「オイスター」を使えば、区間によって340円から700円)、日本と比較するとかなり高額だ。

日本に旅行をしたという英国人にも話を聞いてみた。「50歳の誕生日に、何かビッグなことをしたい」と、4年前に日本を訪れたロンドン在住のキース・ケントさん。「いつかは行ってみたい国」だった日本に行くためにまず本を買って日本語を学んだ後、10週間の日本語クラスにも出席した。そこで実際に日本人数人と知り合いになっていよいよ心が決まった。

ジャパン・トラベル・センターで相談し、5週間かけて東京、京都、大阪、広島、福岡など日本列島を旅した。

今年5月にも、2度目となる4週間の日本旅行を決行。観光名所を巡るというよりも、地図を見て、足を使って歩き回る旅を好む。温泉も大好きだという。夜は日本でできた友人たちと夕食をともにした。

映像プロデューサーのステファニー・ザックさんも自分で計画を立てて日本を探検するのが好きなタイプの旅行者だ。

昨年、パートナーのベンさんとともに12日間、東京、大阪、京都の名所を訪れ、長野・上高地などで自然を堪能した。世界中を旅してきた2人がまだ行ったことがなかったのが日本だった。宿は最初の2晩のみを予約し、後は民泊の「Airbnb(エアビーアンドビー)」を使った。旅情報のアプリを駆使し、目にとまった日本の日常の面白い風景を次々と撮影した。

「先に日本に行った友人が、日本は旅が難しかったと聞いていたけど、そんなことはなかった」(ザックさん)
欧州人は日本でゆっくり過ごしたい


日本で買ったTシャツ姿のケントさん(筆者撮影)

ケントさんもザックさんも日本横断に大いに役立ったというのが、外国人向けに発行される「ジャパン・レール・パス」だ。これはJRグループ6社が提供するパスで、日本中を鉄道でくまなく旅行できる。たとえば新幹線を含む普通列車(新幹線の種類には条件が付く)7日間2万9110円、14日間で4万6390円と、かなり割安で日本を回ることができる。

日本のファンになるのは英国人だけではない。今回の観光庁の調査で、支出額、滞在日数、何に支出するかの点において英国の旅行者と非常によく似た傾向を示したのがドイツ、フランス、イタリアなどの欧州勢だ。

生まれは米国だがドイツ人の夫と結婚し、今はドイツ・フランクフルトに住むニコル・フランケンハウザーさんは今年5月、夫婦で念願の日本旅行を実現した。メディア企業へのコンサルティング業務を行う会社に勤めるフランケンハウザーさんは、仕事を通じて日本人と知り合い、日本に行ってみたくてたまらなくなったという。


姫路城とフランケンハウザーさん(写真:筆者提供)

7日間の駆け足だったが、新幹線や電車を乗り継いで東京、箱根、奈良、広島、宮島、姫路、京都を巡った。やはりジャパン・レール・パスを思う存分使ったという。


日本のうどんが忘れられないザックさん(写真:筆者提供)

渋谷の交差点では何百人もが一斉に動き出す人混みの中に身を置き、奈良では静かな街のたたずまいを楽しんだ。おすしを食べていたときは、キュウリだと思って口に放り込んだのが実はわさびで「あの辛さはすぐには忘れられない」。しかし、「マジックのようなすばらしい体験の中のひとつとして覚えておきたい」。

英国人ザックさんは電車を乗り継ぐ中で、駅のプラットフォームで食べた手頃な価格のそばやうどん、駅弁の味も忘れがたいという。

同じく英国人ケントさんは、「日本から帰ってくると、またすぐ行きたくなる」と話す。次回日本に行くときは、ハーフマラソンに挑戦するのが夢だ。
「今すぐにでも代々木公園でゆっくりしたい」

なぜそこまで日本にひかれるのだろうか。

「英国とはまったく違う文化を持つ日本は、自分にとっては心と体のリフレッシュになる」ケントさんは話す。「誰もが親切で、安全。清潔、安心感がある。文化と人との交流を楽しみながら、心からリラックスできる」

「今すぐにでも代々木公園に行って、ベンチでゆっくりしたい」というほど日本にほれ込んでいるケントさん。決まった時間にやってくる電車、現金を持ち歩いていても誰かに盗まれることを心配しなくてもよい空間、飲食店に入れば「いらっしゃいませ」とすぐに声をかけてくれる心地よさがある。「昔の『古きよき英国』を思い出させてくれる日本には、こんな決まり文句がある。つまり、『お客様は神様です』」。

今後、英国を含む欧州の「日本ファン」をもっと増やすために、日本が改善できることはあるだろうか。

ジャパン・トラベル・センターの西川さんは、何か突発的なことが発生したとき、外国人旅行者が行ける場所を設置できないか、と提案する。宿泊施設や交通機関で働く人の英語力の向上も課題だ。

ポンドを円に、あるいは円をポンドに替えることができる場所が限られている点も英国からの旅行者が不便に感じることである。これに筆者が付け加えるとすれば、英国では小売店や飲食店などでのデビットカードによる決済がかなり普及しており、ATMも24時間稼働している。現金はほんの少ししか持たないのが英国人の習慣だ。筆者は日本に帰ると、英国の銀行カード(デビット及びクレジット)が使える小売店などが英国よりも少なく、24時間稼働しているATMが少ないため困ることがあった。

ちなみに、観光庁の「訪日外国人消費動向調査」の年次報告書(2016年)によると、「日本滞在中に得た旅行情報源で役に立ったもの」としてトップに来たのが「インターネット(スマートフォン)」(64%、複数回答)で、「「日本滞在中にあると便利な情報」として最も高い支持を得たのが「無料Wi-Fi」だった(51%)。

中国人の「爆買い」が一段落する中、今後期待されるのは、欧州人のような「体験型」の旅行をする人たちの増加である。インフラ整備にかかわらず、より多くの人が、日本に「また来たい」と思えるようなサービスや工夫を施すことが必要だろう。



エ下劣が必死の上納アピールでブザマな命

乞い
wwwwwwwwwwwwwwwww

散々巻き上げたうえで叩き潰す!!!!

うどん食いたきゃどん兵衛を食え!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


。。。おあげがよろしいようで(縛w


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

日清がそう来るなら、東洋水産はフェネックとアライさんじゃあ・・・ってダメですかね?w

なんでしょう?

ロケットマンが林檎園? 果樹園?に行って
満面の笑みでしたね。

林檎=Apple

USAって確かBigAppleって例えがありましたよね?

何かのメッセージですかね?

どん兵衛つられて買っちまいそうです

なるほど。今回の陛下の埼玉御訪問は取り上げてるところが殆ど見当たらなかったものですからとても参考になります。
渋沢栄一氏も尊皇攘夷の思想の持ち主で、近代日本の資本主義システムの基礎を築いた人ですね。
キツネのフレンズは可愛いですね。
南部の狐憑きは即刻御退場願いたいものですが。

イギリスとキツネ

イギリスってFoxなんですか?イギリスでキツネと言えばキツネ狩りとかの悪い扱いしか思いつかないんです……。

No title

両陛下の高麗神社訪問、皇室ウォッチャーさんたちは「チョン押しとはけしからん!!」という論調が多いですが、こちらを読んでいると「あれは高麗だから北チョン地域かぁ、そうすると安倍さんのチョーセン×3とも繋がって来るよな~」とか考えるので、別に悪いことではないなと思っていました。どうやらそのようで、少し安心です。

アライグマは井の頭自然文化園にはいるのに、スタンプではノケモノ・・・これは確信犯www

9話のBGM・・・温泉のやつですよね?あれってなんかバカチョンに都合が悪いのでしょうか?

キタキツネ=北チョンという隠し要素があったは!!

どんべえといえばナカキョ君ですねw こうして煎餅サマナの仕事を奪うのは(まぁ交代の時期だったかもしれませんが)良いことですよね。「Welcome to ジャパリパーク」押しの星野源と共演ですね。つーかあのCMエロいw ドンギツネが作られた時期は既にけもフレ放映後のはずですが、吉岡里帆の格好はまるでけもフレとのコラボを意識したようなものですね。しかもわかり松。さんがキツネ=稲荷=秦氏と触れられているように吉岡里帆は・・・・

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E5%B2%A1%E9%87%8C%E5%B8%86

「撮影所に囲まれ映画やテレビドラマの撮影が日常的に行われる京都の太秦に生まれ」

「地名の由来[編集]
「太秦」という地名の由来には諸説ある。
雄略天皇の御世、 渡来系の豪族秦氏(秦酒公)が、絹を「うず高く積んだ」ことから、「禹豆満佐=うずまさ」の号を与えられ、これに「太秦」の漢字表記を当てたという説[3]。」

ドンギツネのCMのキャスティングにまでこんな仕込みがされているとは!!すっごおおおいぃ!!w
しかし所属事務所がこれまたバカチョン臭強いですね・・・w

作り手側の「無印カバン」に対するレスポンスの早さも、すっごおおおいぃ!!w

若島津…もといわかり松様ご無沙汰しております(`・ω・´)ゞ

何か面白い記事見つけたので貼っときます。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52952?page=3

て言うかヒュンダイどうしたwww

No title

ここの記事に出てくる高麗神社に関して某まとめサイトが下らない記事書いてたな。まぁちゃんと名前書くなら News U.S.さんなのですけどね(笑)。
なんでも News U.S.さんがいうには「天皇陛下 VS 安倍晋三だっ!」という図式になるのだそうです...匿名党さんも真っ青な妄想記事でしたよ。
あんなあからさまな偽装保守のサイトがああも多数の方々に読まれているって相当デカい問題だと思いますよ。

No title

>さとしゅんさん

そうだ、USの不敬記事について触れるのを忘れていました。背景が黒色(喪章のつもりか?)の記事とか初めて見た気がします。あれはひどい。

わかり松。さんの「右傾化工作」の記事を読んでから改めて考えると、あそこは数年前からそういう路線で保守系に媚びた記事を上げていたのかもしれませんね。「余命」に触れた記事も「在日武力殲滅」、「NHK、機材以外一掃」とかそういう内容ばかりで、ここ1年半くらいでしょうか、最近はまったく取り上げなくなりましたね。

No title

何か書き忘れているなぁと思ったら、キタキツネの「ゲーム好き」という設定についてでしたw あの設定って北チョン=パチンコ→ゲームっていうことかも?って思ったり。PS2が発売されて間もない頃に、あれが北に輸出されて内部のコンピューターがミサイルの誘導装置など、軍事に転用されるとかで騒がれ輸出規制をかけられたことなんかも思い出しましたw キタキツネはゲームで遊んでいるから、セルリアンから逃げるために乗ったソリ(かばん作=日本製?)の操縦も上手かったんですよねw (意味深?)北朝鮮のミサイル部品は9割日本製で、マンギョンボンボンで運ばれているという脱北者の証言もありますしね。

Re: No title

>梅ちゃん

いつもコメントありがとうございます。

> セルリアンから逃げるために乗ったソリ(かばん作=日本製?)の操縦も上手かったんですよねw (意味深?)

ほんとの意味深は、あの時キタキツネが
「もうちょっと右」
と言ったことですw

Re: No title

> 梅ちゃん

いつもコメントありがとうございます。

某サイトはエ下劣マンセーの可汗一味工作ブログなので
当然反皇室です。

Re: No title

> 梅ちゃん

いつもコメントありがとうございます。

>高麗神社

表札?には「高麗」の真ん中に小さく「句」って書いてあるんですよねw

No title

>わかり松。さん

返信が三つも!!すっごおおおいぃ!!w 「挑戦、朝鮮、挑戦」だから3つ?いや、なんでもないですw

高麗神社の表札に「高句麗」って書いてあるって知らなかったですw ネットにも画像上がってますね!すいません、そもそもあそこが高麗ではなくて、高句麗が滅亡して逃れてきた渡来人を祀る神社だったとは知らなかったです(^^;)
本来民族的にも地理的にもバカチョン(下朝鮮)は関係が薄いはずなのに、トーテムポール勝手に寄贈したりして乗っ取ろうとしてるようですね。

USの皇室関係の記事はあまり読んだ記憶がないですが、色々と馬脚を表しているようですね。あそこが所詮陰謀論厨サイトだったのが救いだと思います。むしろ皇室ウォッチャー系の影響力のほうが強くて厄介そうです。


>ほんとの意味深は、あの時キタキツネが「もうちょっと右」と言ったことですw

うおっ!そういえば言っていましたねw 「ギンギツネ、もうちょっと右・・・(鼻声)」ってw わざわざ録画したの確認してしまいましたw それからバスが停めてある中洲のような丘の「真ん中」にソリが駆けあがって行って、バスの丁度真ん前で止まるんですよね。でセルリアンの猛追から逃れられる。「少し右に行くと真ん中で止まる」つまり日本は現状から少し右に振れれば中道になり、バランスがとれてクズ共の姦計から逃れられるというメッセージにとれますね!!すっごおおおいぃ!!www

やはり大事なのは中道、中庸ですか(^^)

あのシーンって「ソリであの丘に駆けあがれるなら、セルリアンも登ってきそうじゃん・・・」とか思ってしまうのですが、隠しメッセージ先行で作られたと考えれば「なるほど」となりますね。いやぁ、こんなメッセージが仕込まれているとは恐ろしや。

というかあの球型のセルリアンが転がる様・・・まさにパチンコwww


Re: No title

> 梅ちゃん

いつもコメントありがとうございます。

3件なのは返信が必要なコメントが3件あったというだけでw

>もうちょっと右

ちなみに4話でセルリアンに追いかけられた時にも
ツチノコが「橋の右端を歩け、右ィィィイイイ!」
と叫んだのも忘れてはなりません(笑)

うちがこれだけけものフレンズをプッシュするのは
これをアニメブログにするためではなく、
リアル分析上の理由があるのです。

No title

>わかり松。さん

再度の返信ありがとうございます!

>ちなみに4話でセルリアンに追いかけられた時にも
ツチノコが「橋の右端を歩け、右ィィィイイイ!」
と叫んだのも忘れてはなりません(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=f7Y06mpKy48

2:11~「橋の右端を歩け!!」


おおお!!本当だ言ってる!!またまた録画を再確認してしまいましたw
しかも最初に分岐点で迷う時に、セルリアンがいるからという理由で右側へ
行かず、左側の通路を通りますよね。左側を通って行った結果として”赤い”セルリアンに襲われ逃げるはめにw そしてツチノコの言うとおり橋の「右端」
を歩いて渡ると、後から来た赤いセルリアンが橋の右端以外と一緒に落下・・・
と。

アカと一緒に右端以外崩落って、左派のみならず中道も氏ぬってことですねw
 
まぁ平和ボケして日和ってるとアカ諸共滅札っていうのは、有事にはあり得ることですよね。

>うちがこれだけけものフレンズをプッシュするのはこれをアニメブログにするためではなく、
リアル分析上の理由があるのです。

こちらで「けもフレ」を紹介され始めた頃から、たまたまリアル分析に沿うような要素があったから記事にしたわけではなく、この作品がリアル分析に追従するようなメッセージを意図して仕込んでいる作品だから、言及されているのだろうなとは思っていました。作品を通して大和魂を伝えるというか、「日本を取り戻す」ために必要な精神を描きたいのかな~とか、視聴以前から想像していま
した。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR