現在の閲覧者数:

孔明の罠(後編)

.
「けものフレンズ」の映像化プロジェクトに関するご報告
http://kemono-friends.jp/archives/category/news/


「けものフレンズ」の映像化プロジェクトに関するご報告




発表当初より同体制での継続か、新体制での新たな表現かも合わせて検討中

動物ファースト

関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用

情報は事前に共有してほしい旨の正常化を図る申し入れ

その条件は受け入れられないので辞退したい、とのお返事





【けもフレ】たつき監督解任騒動、製作委員会の公式声明発表後も残る謎 結局だれが何をしたのが問題なのか?
https://news.careerconnection.jp/?p=41081


news【けもフレ】たつき監督解任騒動、製作委員会の公式声明発表後も残る謎 結局だれが何をしたのが問題なのか?




アニメ「けものフレンズ」のたつき監督がツイッター上で、同アニメの続編に関与しないことを発表してから2日。製作委員会は27日未明、本騒動について声明を発表したが、その内容に首を傾げる人や矛盾を指摘する声も多い。
声明には具体的な情報が乏しく、ファンが納得するには不十分

製作委員会の声明では、製作を担当していたヤオヨロズが「関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用」をしたため、委員会側が「情報は事前に共有してほしい旨の正常化を図る申し入れ」をしたが、同社は拒否し、8月初めに「条件は受け入れられないので辞退したい」との申し出をしてきたと記載されている。

アニメ放送終了後の主な動きで作品利用と思しきものには、たつき監督の自主製作でニコニコ動画とユーチューブで公開された12.1話、コミケやコミティアでの監督による同人グッズ販売、JRAや日清との企業コラボ動画がある。しかし声明では、事前連絡や情報共有がないままでの作品利用がこのうちのどれを指すのか、もしくはこれ以外にあるのか等、具体的な内容には一切触れられていない。

また、8月に製作会社が辞退の申し入れをしたことが事実なら、なぜ今になってたつき監督が発表したのか、これまで監督には知らされていなかったのかなどの疑問が残る。

キャリコネニュースでは、ヤオヨロズとその関連会社で製作委員会にも入っているジャストプロ双方に、こうした疑問について取材を試みたが、両社とも担当者不在で、「明日以降いつ戻ってくるか分からない状況」との返答だった。

アニメのシリーズ構成、脚本等も勤め、功労が大きかったたつき監督の降板を知ったファンの中には、心情的に監督の味方をしたくなる人も多い。委員会から発表された声明に、監督の降板に至った経緯や背景に関して充分な説明がなかったことが、本騒動を長引かせている一因になっている。

KADOKAWAの担当者は、同社がたつき監督を解任したという見方を否定

騒動の発端となった9月25日のたつき監督の呟きでは、「ざっくりカドカワ(原文ママ)さん方面よりのお達しみたいです。すみません、僕もとても残念です」とKADOKAWAの関与を匂わせていた。同社も製作委員会に名を連ねている。ネットではここから、「KADOKAWA悪の親玉説」が流れ、一時は同社のウィキペディアが荒らされる事態にも発展した。

しかし、同社の広報担当者はキャリコネニュースの取材に対し「KADOKAWA側から個別に連絡をしたわけではない」と、一部で広がる「KADOKAWAが監督を解任させた」という噂を否定した。同社として公式な場で発表する予定はないという。

アニメの続編で製作会社が変わる例は過去にもあり、珍しいことではない。ただ、「けものフレンズ」に関しては、たつき監督が関わらないとなると地続きの作品として受け入れがたく感じるファンも出てくると見られる。今作と同程度の盛り上がりを見せるかどうか、疑問視する声もある。

委員会は、製作会社やたつき監督と断交したとは明言していない。今後、決定が覆る可能性もゼロではないのかもしれないが、確率は高くないだろう。いずれにしても、関係各所が詳細な説明をしない限り、騒動が収まるのは当分先のことになりそうだ。




カドカワ炎上! 人気アニメ「けもフレ」監督降板騒動でテレ東株も急落
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00000002-ykf-ent


newsカドカワ炎上! 人気アニメ「けもフレ」監督降板騒動でテレ東株も急落




 擬人化した動物たちが活躍する人気アニメ「けものフレンズ」をめぐり、監督が降板を明らかにすると、関連する企業の株価が急落に見舞われるなど、大人を巻き込んだ騒動になっている。

 製作委員会「けものフレンズプロジェクトA」に出資するカドカワの株価は26日に一時約3・3%下落。27日午前には一時1・5%下落する場面があった。

 同様に出資企業の1社で、アニメを放映したテレビ東京ホールディングスの株価は27日午前、一時約2・0%下落した。

 「けもフレ」のアニメ版は今年1~3月にテレ東の深夜帯で放送され、擬人化した野生動物たちのほのぼのとしたやりとりや、謎に満ちた展開で人気となった。8月に再放送されて子供にも浸透、新作の製作が公表されていた。

 発端は25日、同アニメの監督、たつき氏がツイッターで降板を発表、「ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです」と明かしたことで、ファンからカドカワへの批判が殺到、関連企業の株価にも影響が出たという流れだ。

 製作委員会側は27日になって事情説明のリリースを発表。たつき氏が所属するアニメ制作会社のヤオヨロズについて「関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用がありました」とし、情報の事前共有などの正常化を図る申し入れをしたところ、ヤオヨロズから8月になって「その条件は受け入れられないので辞退したい」という申し出があったとした。



ドワンゴ、ランキングの『けもフレ』記事非表示を認める
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170927-00010003-kaiyou-ent


newsドワンゴ、ランキングの『けもフレ』記事非表示を認める




ドワンゴは9月27日、運営するニコニコニュースについて、TVアニメ『けものフレンズ』のたつき監督の降板騒動関連の記事が「一時的に非表示になる」状態だったことを認めた

同社はニコニコインフォで「『ニコニコニュースのランキングに、けものフレンズ関連の記事が掲載されない点』について」と題したエントリーを更新。

その中で、運用レギュレーションおよび運用ロジックに従った結果であり、意図的ではなかったと説明している。
レギュレーションに則った手動調整

9月25日のたつき監督のツイートから大きな波紋注目を集め、公式からの発表以降もおさまる気配がない一連の騒動。

たつき監督のツイート直後、Twitter上では、監督の降板に関する記事が、「ニコニコニュースのランキングで非表示になっている」「記事タイトルから重要なワードが削除されている」と話題になっていた。

ドワンゴの発表によれば、ニコニコニュースは設計として、コメントが付いたニュースが上に並ぶため、新規コメントが連続するニュースは上部に固定され続ける。

ニュースサイトとして、「特定の話題が固定表示されるのではなく、ある程度ニュースが入れ替わっていくようにするため」手動による調整を行っていたという。

一方で、「都合の悪い記事タイトルを書き換えたのでは」という指摘にも言及。

「ニュースをニコニコ内のいろいろな場所に露出させるために、文字数を削る必要があり、その対応をした結果」としている。

文字数を減らす過程で、最も重要な「たつき監督が外れる!」という情報を削ったことで、「読者側にミスリードを誘う形となってしまいました」と、運用側の不手際を認め、釈明した。




けもフレ騒動でトレンドが操作? 拡散する「圧力説」にTwitter広報「ありえません」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00000010-jct-sci


newsけもフレ騒動でトレンドが操作? 拡散する「圧力説」にTwitter広報「ありえません」




 「明らかに不自然」「何らかの意図を感じずにはいられない」――。人気アニメ「けものフレンズ」(けもフレ)の監督を務めていた「たつき」さんの降板騒動が、思わぬ方向に波紋を広げている。

 冒頭の意見は、ツイッター上での流行語を示す「トレンド機能」に向けられたものだ。今回の降板騒動に関連する言葉を、ツイッター社側が「意図的に操作してトレンド欄から消しているのではないか」などと疑う声がネット上に相次いでいるのだ。

 しかし、ツイッターのトレンドワードが意図的に「操作」されることなどあるのだろうか。J-CASTニュースが、Twitter Japan社(東京・中央区)の広報担当者に聞くと...。

■「明らかにおかしい」?

 たつき監督は2017年9月25日夜、「突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました」とツイッターで報告した。降板の理由については、「ざっくりカドカワさん方面からのお達しみたいです」とだけ伝えていた。

 すでに第2期アニメの放送が発表されていたこともあり、たつき監督の降板報告はファンに大きな衝撃を与えた。

 ネット上では、たつき監督から名指しされたKADOKAWA側に対し、事態の説明や降板の撤回を求める声が殺到。上述した降板ツイートは27日昼時点で30万回以上リツイートされ、ツイッターの「トレンド」欄は投稿の直後から、

  「たつき監督」「たつきさん」「けもフレ2期」「カドカワ」「KADOKAWA」

といった関連ワードで埋め尽くされた。中でも、「たつき監督」は日本版だけでなく、世界のトレンドワードランキングで一時1位を獲得するほどの注目を集めた。

 このように、国内のツイッターユーザーの大きな関心を集めた今回の降板騒動。その中で目立ち始めたのが、ツイッターの「トレンド」の表示プロセスに、違和感や疑問を示すユーザーの姿だった。

 きっかけは、26日早朝に「たつき監督」というワードがトレンド欄から消えたことにある。このとき、代わってトレンド欄に現れたのは「へたつき監督」という言葉だった。こうした動きについて、ツイッター上では、

  「へたつき監督がトレンドにあって、その上位にたつき監督がいないのは明らかにおかしい」
  「『へたつき』の何100倍も『たつき』って単語の方が今呟いてる人多いだろ」
  「ツイッター情報操作してない?たつき監督の件絶対おかしい」

などと疑問を抱くユーザーが殺到したのだ。

「圧力説」まで浮上

 その後も、騒動が過熱するに伴って、「ツイッターのトレンドが操作されている」との説を訴えるユーザーの数は増えて行った。

 とくに指摘が相次いだのは、9月27日未明、KADOKAWAが出資会社に名を連ねる「けものフレンズプロジェクト」側が公式サイト上に騒動の経緯を説明するコメントを発表し、再び事態が大きな動きを見せた直後のことだ。

 このときもツイッター上では、トレンド上に「たつき監督」「KADOKAWA」の言葉が現れず、発表されたコメントに名前があった「ヤオヨロズ」(けもフレアニメの制作を手掛けた会社。たつき監督も所属)だけが登場していたとして、

  「なぜヤオヨロズがトレンドに入っているのに、たつき監督やKADOKAWAがトレンドに入らないのか 大抵同じツイートに全部入ってるのにね」
  「トレンドにヤオヨロズがあるのに、一緒に呟かれているであろうカドカワやたつき監督がないのはおかしい」

などの声が再び相次ぐことに。実際、27日15時時点でツイッターの検索欄に「トレンド」と入力すると、関連ワードの最上位に表示されたのは「操作」という言葉だった。

 さらには、関係者がツイッター側に対し、「たつき監督」などの言葉をトレンドから外すよう「圧力をかけたのではないか」などとする根拠不明の憶測もネット上に出回っている。

ツイッター社「手を加えることはありえません」

 だが、J-CASTニュースの27日の取材に応じたTwitter Japanの広報担当者は、こうしたネット上の指摘を全否定した。担当者はまず、

  「トレンドに手を加えることはまずありません。手を加える時は安全面などで問題があるケースなど、かなり特殊な案件のみです。よって、先日の『けものフレンズ』に関するような内容で手を加えることはありえません」

と断言。その上で、トレンド欄に表示されるワードは「もっとも多く使われている」言葉ではなく、「もっとも急激に(使用回数が)上昇している」言葉だと説明。続けて、

  「もしツイート数のボリュームがあってもトレンドから姿を消したのであれば、『急上昇』しているキーワードではなくなった場合だと想定されます」

としていた。




「けもフレ」 2期目実現へテレ東社長尽力「世界のファンとまったく同じ思い」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000080-dal-ent


news「けもフレ」 2期目実現へテレ東社長尽力「世界のファンとまったく同じ思い」




 テレビ東京が28日、東京・港区内の同局で定例の社長会見を開いた。同局で今年1月から3月に放送され人気を博したアニメ「けものフレンズ」のたつき監督がツイッターで降板を公表し、ファンを中心に騒動になっていることについて小孫茂社長は「全国、あるいは世界多くのファンの皆さんとまったく同じ思いでございまして。何とか将来、すでに発表されているような第2弾ができるよう、いろんな形で模索していければ」と無事に第2期を放送できるよう尽力すると述べた。

 騒動についてのコメントは、「私ども制作委員会の一員でありますので、制作委員会がすでにコメントをお出しになっております。これを超える私ども、あるいは私個人の見解は差し控えるべきかと思っております」と語るにとどめたが、放送局としての思いを続けた。

 今年1月から3月の第1期がブームになったことを受け、すでに2期目の制作が発表されており、「私ども、全国、あるいは世界多くのファンの皆さんとまったく同じ思いでございまして。何とか将来、すでに発表されているような第2弾ができるよう、いろんな形で模索していければ。テレビ東京も制作委員会の一員としてそれが実現できるように、実現できてファンの皆さんにあらためて喜んでいただけるような努力を惜しまないつもりです」と結んだ。

 今回の降板騒動は、たつき監督が25日にツイッターで「突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました。ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。すみません、僕もとても残念です」と発表し、表面化した。制作委員会にあたる「けものフレンズプロジェクト」は27日、公式サイトで「アニメーション制作会社であるヤオヨロズ株式会社より8月に入った段階で辞退したい旨の話を受け、制作体制を一から模索することになっているのが現状です」とたつき監督が所属しているヤオヨロズ側からの辞退だったと説明し、両者の言い分が食い違っている。




けものフレンズ監督降板騒動「功労者をのけものにする」KADOKAWAの企業体質
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170928-54817485-dailynewsq


newsけものフレンズ監督降板騒動「功労者をのけものにする」KADOKAWAの企業体質




 人気テレビアニメ『けものフレンズ』の監督で、シリーズ構成などを務めた「たつき監督」が自身のTwitterで同アニメの制作から外れると報告し、波紋を広げている。

 しかし、今回のけものフレンズ製作プロジェクト関係者は「ネットでは限られた情報しか流通していないので、間違った炎上の仕方をしてしまい、申し訳なく思っている」と語る。

「そもそも、たつき監督が外れた理由は、彼が本当に思い詰めてこれ以上作品を自分が手がけることができなくなったと漏らしていた6月ぐらいからずっと燻っていました。我慢をしていたのですよ。それが、8月上旬にある事件をきっかけにすべてが壊れる方向に進んでしまった」と実態を知るメディア関係者は言う。

 そのある事件とは「『けものフレンズ』のキャラクターデザインや原作原案者扱いであった吉崎観音さんが『もうたつき監督には外れてほしい』と会議の席で明言してしまったのです」とはメディア関係者。また制作関係者も「3月末の時点で、吉崎さんが自身で『けものフレンズ』をコントロールできなくなったと感じて、たつき監督の所属する制作会社であるヤオヨロズ社を外してほしいと委員会メンバーに言い始めました」証言はほぼ一致する

 アニメ制作に詳しいメディア関係者は「テレビ東京はもとは違うアニメ企画をやるつもりだったのが、ちょっとしたトラブルで埋まらなくなったので、KADOKAWAなどと協議して『けものフレンズ』の放送を決定しました。テレビ東京は悪意はないので、今回の事件にはほとんど関係ありませんし、たつき監督が降りるツイッターを書いて騒ぎになったときも最後まで『たつき監督は必要だから』と説得に回っていました」と説明する。

 しかも、27日深夜に発表された製作委員会の公式コメントでは、たつき監督の所属するヤオヨロズ社が許可なくコンテンツを利用して個人用アニメを制作したこと含め、ヤオヨロズ社が勝手に制作を降りる話をしたことになっている。

 これはどういうことか。

■見え隠れするKADOKAWAの”大人の事情”

「KADOKAWAは吉崎さんを連れてきてプロジェクトを立ち上げた以上、吉崎さんをコントロールしなければならない立場なのに、功労者であるたつき監督やヤオヨロズ社が目立つことに不快感を示して、吉崎さんがヤオヨロズ社を全部外せと騒ぎ始めたのを押さえられなかったのです」と制作関係者は説明する。

 KADOKAWAの社員も取材に対して「角川も頑張ってどうにかしようと思ったのでしょうが、吉崎さんがたつき監督への嫉妬を爆発させてしまったのは計算外だったんじゃないかと」と暗に状況を認める回答をしている。

 過去にも、KADOKAWAは人気シリーズのアニメの続編で制作陣を総入れ替えしたり、ヒットタイトルの立役者を外してKADOKAWA色の強い息のかかったクリエイターを送り込んで台無しにするケースは存在する。同じ轍を「けものフレンズ」でも繰り返してしまったのか。

 事情に詳しいクリエイターは吉崎氏についてこう語る。

「吉崎さんは優れたクリエイターですし、何かを作り上げる力はとても強いのですが、自分が中心になって制作が進まないと気に入らない部分があり、ヤオヨロズのようにアニメファンにも刺さるような会社が独自のプロモーションを始めるとイライラする部分はあるのではないでしょうか」

 前出の制作関係者も「KADOKAWAの担当者が吉崎さんの嫉妬をコントロールできず、逆に吉崎さんにIP(けものフレンズ)のコントロールをさせようとして肩を持った結果、実力のあるヤオヨロズを外さざるを得なくなったんです」という。そして「アニメ業界には必ずそういう自意識の強い、でも優れたクリエイターが集まって良い作品を作るので、そこをきちんと強い力でグリップできる担当者がうまくハンドリングしないと絶対に揉めることになるんですよ」と説明する。

 KADOKAWAは「ケロロ軍曹」など売れるIPを制作できる吉崎氏を重用し、吉崎氏の意向を通す決断をした。ではなぜ、製作委員会ではあのような公式コメントになってしまったのか。

「監督を変えてヤオヨロズを外してもシリーズ(けものフレンズ)が儲かると判断したのもあるでしょうが、それ以上に、製作委員会に入っている各社に『KADOKAWAが不始末をしてしまいました』と説明しづらかったのが大きいと思います」(制作関係者)

 また、「あくまでKADOKAWAの社内の問題ですので、製作委員会が本来KADOKAWAの立場だけを前面に出して公式コメントを出すことはかなり議論があったようです」(メディア関係者)という。

 そればかりか、JRAや日清食品といったコラボ企画もようやく進み、製作委員会も潤おうとしているところでKADOKAWAはなぜ制御することができなかったのか。せっかく育ったタイトルの暖かな雰囲気を根底から破壊するような、大人の事情の醜い表出があったとするならば、事実を隠し傷口を広げた関係者の責任は重い。



おとといから始まり、今日もウソつき共が

どったんばったん大騒ぎ!!!!(縛w


ドワンゴは操作を認めたが、ツイッターは

圧力を認めず(縛w


「圧」はあいあいだけでいい!!!!(縛w


そして「情報共有や連絡がないままでの作

品利用」という口実。


制作委員会が契約する企業とのコラボで著

作権侵害になるわけがないので、指してい


るのは「ばすてき」とツイッターに掲載し

た画像。



「ばすてき」は本放送最終回直後に公開し

た自主製作らしい動画。


しかし、同グループのジャストプロの2人

はともかくとして、他社の声優2人も登場


しているので、その声優へのギャラはどう

した?と考えれば「自主制作」なわけがな


いでつね。


アニメってのはボツシーンが発生しても尺


が足りなくならないようにあらかじめ30

分より長めに作っておくものなんでつね。



最終回ではジャパリバスを修理してボート

に作り替えるシーンがあるが、壊れた車輪


を修理するために新しい車輪を探しに行く

シーンがあってもおかしくないでつね。



あれはおそらくボツになったシーンか、そ

のボツシーン対策として作った余分なシー


ンを公開したんだと思われるわけでつね。

であれば全く制作委員会が関与してないわ


けがない。


しかもあの後、企業とのコラボで同じよう


な動画を3本も作ってる。

そのうちの1本は。。。


twt今日はプロジェクトの打ち合わせでいくつか面白いお話が聞けました。JRAコラボ準備ページのカウント、さすがに僕も機械か何かを使った操作も入ってると思ってたら、そういうのは全て除外したカウントだそうですよ!すっごーい!(ひっ)




6月によしざきおにいさんがツイッターで

引用している。



画像にしても、あれがほんとに迷惑なら、


twtたつき/irodori@irodori7Sep17

twt内田彩Retweeted

twt尾崎由香Retweeted




出演声優達がリツイートするわけがない。

半年前からいがみ合ってるならここにき


てボスを使うわけがない。

しかもボスは。。。




ラッキービースト-Wikipedia


ラッキービースト




初出はアニメ放送より以前の2016年7月に開催されたコラボカフェからで、動物のホワイトタイガーが見上げる空にラッキービーストのようなものが輝きながら通り過ぎるイラストが展示されていた(キャラクターデザインを担当する吉崎観音氏がツイッターに上げたイラストがこれに近い)



よしざきおにいさんがデザインしたキャラ

クター。


フレンズたちの服装も同様。


絵柄の権利はもってるとしてもデザインの


著作権はどう頑張ってもヤオヨロズが主張

できるものではない。



しかもけものフレンズプロジェクトは非商

用の二次利用を認めていて、それがたつき


監督にだけ認められないわけがない。

ヤオヨロズは「事前申告を拒否」したかも


しれないが、制作を辞退しなければならな

い理由はない。



8月に入って「そんなのやってられない」

ぐらいの発言を針小棒大に取り上げて辞退


したと吹聴してるだけでつね。

その証拠に「同体制で続けるかどうか検討


中」という曖昧な表現に逃げている。


「3月末からニダ!6月にはニダ!8月に入


ってニダ!証言は一致してるニダ!」と大ウ

ソついてるヤツがいるが、それならJRA


とのコラボをツイッターで引用するわけが

ない(縛w



事実と矛盾してるんでつよ(縛w

けものフレンズをロクに知らねぇライター


がアクセス数目当てのためにつじつまの合

わない虚言を喚いてるだけでつね。



前編で書いたリアル分析通り、けものフレ

ンズを妨害しようとしてるマスゴミのクズ


共が画策してるんでつよ。


「テレ東はがんばってた」「テレ東の社長


は何とか2期をやりたい」(縛w

リアル分析またまた的中!!!!(縛w


ten既存テレビ界がGHQサマナに汚染されてるから
孔明の罠(前編)⇒こちら


既存テレビ界は元の形でけものフレンズを

やりたいんでつよ。


それがシノギとしていちばんおいしいんだ

から(縛w



しかしそのシノギを潰さざるを得ないほど

追い詰められたんでつよ、諸葛亮に(縛w


このままたつき監督に作らせたら、今まで

以上に都合の悪いアニメを作られちゃうん


でつよ(縛w


じゃあこのままけものフレンズは消えるん


でせうか?(縛w

いや、そうはならないでせうな。


なぜなら、いつも言ってるでせう、流れは

エ下劣滅札、その下僕のGHQサマナ滅札


だからでつね。


追い詰められて苦し紛れにたつき監督を排


除した連中こそが最終的に滅札されて地祭

りに上がるんでつよ(縛w


ずっと前から見てる読者は今までそれを目

の当たりにしてきたでせう?(縛w


リアル分析は的中してきたでせう?(縛w



yahoo.jpg




21時15分更新

首相 勝敗ラインは与党過半数
米朝 爆撃機飛行で一触即発
けもフレ監督降板?ファン動揺



これは月曜日のヤホートップ。

安倍+北チョン+けものフレンズ(縛w


けものフレンズといえばがーでん、がーで

んといえば獺祭、獺祭といえば安倍(縛w


リアル分析通り(縛w


安倍が解散を宣言して、大騒ぎになってる


のは希望の党(縛w

「動物ファースト」がなんだって?(縛w



希望の党といえばコイケ屋、コイケ屋とい

えば小泉、小泉といえばエ下劣(縛w


たつき監督を排除したカドカワのバックに

は反安倍勢力がいるわけでつよ(縛w



たつき監督解任騒動は、リアル分析通り、

日本と日本を蝕むクズ共の戦いが場外乱闘


となって表れたってことなんでつよ。


だからこれまでの流れ通りクズ共は敗北し


たつき監督の解任は撤回されるでせう。

曖昧な表現はその余地を残した勢力がいる


ってことなんでつよ。


こう書けば必ずヤオヨロズなどに圧力をか


けて撤退を表明させようとするでせう。

実際に撤退を表明するかもしれないでつね。


しかし最後の最後には大どんでん返し、リ

アル分析通りになるので、まあ見ててくだ


ちい。


っつーか、クズ共は前編の記事を見て策略に


嵌められたことに気づき地団太踏んでること

でせう(縛w


こっちが勝つ流れに変わりはない、という

ことなんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



まあ池袋のけものフレンズがーでんは、暑さ

が引いたせいもあるが、最近では整理券が余


る日が続いてるし、幕張の方も売り切れた時

間帯はわずか。



新生フレンズプロジェクトはクズ共の炎

上に乗じてイベントを成功させを漁夫の利


得る、ということでつね。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



おまけ

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ここまできたら後は登るだけだと思ったら楽観的過ぎますかね?
サーバルちゃん、アンデスっぽい山で頑丈でしたし。

No title

ちょっと漁っただけで工作・内紛・流言飛語と凄い状態になってますねけもフレ関連の話題。まぁわかり松氏(あるいはそのバック)のやる事ですし、火の手が上がったのがパンピーにも見える段階まで来たという事は、既にそういう事なのだと思っておりますが。

たつき氏のツイッターが出回ってから、たつき氏のツイートの不用心さを咎めるツイートより圧倒的多数の人間が即座に角川叩きに回った事実、幾多の工作が入りながらも「どうせまた角川がやったんだ」という空気が全く消えない事実、これら全て角川が数十年にわたってこの界隈でやらかしてきた悪行三昧の記憶が人々の記憶に生々しく残されている為です。

内側まで腐りきった、パンピーにまで周知されている分かりやすい巨悪相手なら不覚を取る事も無いと信じ、どんでんがえしに期待して今は静かに待っております。

No title

今度は日産に鉄槌ですね。

日産、無資格者が検査 国内製造全車種
国交省、該当車の点検指示

No title

デイリニュースオンラインとかいうとこの記事、「けものフレンズチャンネル」でも記事のネタになっていましたが、読者諸氏ことフレンズのみんなはかなり冷静でして、「”関係者”だらけだな」と書かれまくっていましたねw おまけに吉崎にいさんについて詳しい人とかもいるようで、そんなヒドい人じゃないよという声も。ケロロ軍曹関係者の方も吉崎氏を擁護していましたね。

クズ共の離間工作やカドカワ擁護工作もフレンズには見破られているようですね。「今は11話から12話にかけての展開だ!」みたいなこと書き込むフレンズもいましたね。

フレンズのみんなの洞察力や創造力、行動力には本当に感心します。日本人の底力を感じますね。

たつき監督のけものフレンズを池に絵にする知恵と勇気は、まさに第11話のかばんちゃん!!「えものフレンズ大作戦」ですね!!w

元ネタ提供のわかり松。さんは「みらいさん」なんでしょうか?w とにかくリアル分析とけもフレ界隈と現実世界の連動には驚くばかりで、言葉にしづらいですw


なるほどアニメってのは長めに作ってあるものなんですか。本当わかり松。さんは守備範囲が広い!!

「ばすてき」は「ぼつてき」だったとw


コイケ屋さんはいったいどっち側につくつもりなんだか、未だによくわからないです。菅官房長官まで「衆院選に出馬するだろう」とか言ってましたし。陣営がコロコロ変わる人だから・・・コイケ屋といえば緑色、緑色でコロコロ変わるといえば、カメレオン!!

「コイケ屋さんは色々な姿に変われるカメレオンのフレンズだったんだねぇ!!w えっなにそれ、お化粧っていうのぉお!?すっごおおおいぃ!!w」

あっ、あとアメブロのりんごさん、自分のコメントに触れていただきどうもです(^^)最近はアメブロのみなさんのコメントも拝見しております。

毎度長文ですみません

>通りすがりさん

自分も同じような気持ちで事態を見守りたいと思っています。なるほど、角川っていうのはそんなに嫌われていたんですね。その界隈は詳しくないですが、角川が関わる映画の出来が良くないので、自分も良い印象は持たないですw 春樹も「蒼き狼」っていうチンギス・ハーンの映画作ってますしね・・・「男たちの大和」もひどかったw

というか今知ったんですが、男たちの大和の原作者の辺見じゅんって、角川兄弟の姉なんですね!で、チョン耳w アッ、アワワワワワw

No title

実際にわかり松。さんの書かれる事は95%ぐらいのレベルで当たっている、もう4年近くここのブログを読ませてもらっていますが、まずは当たってしまう...「ならたつき監督さんは復活する」はずです。

楽しみにせざるを得ないですね!

「こんな作品を出されては困る...でもカネになるし...どーしよぅ...」とか考えてんですかね?

No title

>梅ちゃん(さん)
こちらこそ、有難うございます。
自分だけでは理解不足でハテ?どういうこっちゃ?等他の方のコメントから理解が進んだりけものフレンズの替え歌が上手過ぎてカラオケさながらに口ずさんでみたりと( ´艸`)1人で楽しんですみませんw

No title

>ひょっこりんごさん

自分も他の方のコメントも参考にさせてもらっていますし、楽しく読ませて頂いています。

替え歌を楽しんでいただけたとは嬉しい限りですwww ああいうのは書こうかどうか迷うのですが、わかり松。さんの文章が面白いので、そのノリに感化されて自然と降りてくるんですよね、アイデアがw 「核は持てなくても北のミサイルがある」なんて内容は絶対にこちらの読者さんにしか通用しませんから、思い切って投稿してみましたw こちらは取り扱ってる話自体は至極真剣ですが、語り口が面白く気取りもないので、それを楽しんでる気持ちを伝えたい思いもあり、自分はおふざけコメントが多いですw

あっ、あと「さん」はいらないですw
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR