現在の閲覧者数:
FC2ブログ

【日米北仏通信】ノートルダム大聖堂放火テロのリアル分析

.
和平願うローマ法王、対立の両者の靴にキス 南スーダン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00000025-asahi-int


news和平願うローマ法王、対立の両者の靴にキス 南スーダン




 ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は11日、南スーダンのキール大統領と、反政府勢力を率いるマシャル元副大統領の両者とバチカンで面会した。法王は、昨年9月の和平合意後も対立を続ける両者に和平の実現を呼びかけた後、両者に歩み寄ってひざまずき、靴にキスをした。

 南スーダンの和平を望む強い思いの表れとみられるが、法王の前代未聞の行動が話題を呼んでいる。

 南スーダンは2011年の独立後に内戦が続き、昨年9月に和平合意を結んだ。来月12日までにマシャル氏も参加した統一政権が発足することになっているが、両者は主導権争いを続けている。同国にはキリスト教徒が多く、法王は和平問題の解決に関わりたいとの強い意向を示していた。




仏ノートルダム寺院で大規模火災 尖塔が崩壊
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000000-jij_afp-int


news仏ノートルダム大聖堂で大規模火災 尖塔が崩壊




【AFP=時事】(更新、写真追加)パリ中心部にある観光名所ノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)で15日夕、大規模な火災が発生した。火災により同寺院の尖塔が崩壊。1000年近い歴史を持つ寺院とその貴重な芸術作品の数々の将来が危惧されている。

 火災はフランスのカトリック教徒らがイースター(Easter、復活祭)を控える中で発生。ノートルダム寺院からは炎と大量の煙が立ち上り、パリ市民や観光客らは戦慄(せんりつ)の表情を浮かべてその様子を見守った。

 同寺院の広報担当者はAFPに、火災は15日午後6時50分(日本時間16日午前1時50分)ごろ発生し、炎により屋根を支えていた木製構造物が破壊されていると語った。消防当局によると、火災は同寺院で行われていた修復作業と「関連している可能性」があるという。

 エマニュエル・グレゴワール(Emmanuel Gregoire)パリ副市長はテレビ局BFM TVに対し、尖塔は「内側に崩れ落ちた」と説明。寺院は「甚大な損傷」を受けたとし、救援隊員らが「救い出せるすべての芸術作品を救う」ために奔走していると述べた。

 パリ市警はツイッター(Twitter)で、住民に対して周辺地域を避けて救急車両に道をあけるよう呼び掛けた。パリのアンヌ・イダルゴ(Anne Hidalgo)市長はツイッターで、「恐ろしい火災」と述べ、「パリ消防当局が鎮火を試みている」と投稿した。

 エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領は「ノートルダムを襲っている恐ろしい火災」のため、15日夜に予定していた政策関連のテレビ演説を中止した。

 パリ市内では、セーヌ(Seine)川に浮かぶシテ島(Ile de la Cite)に建てられたノートルダム寺院に向け消防車が急行する様子が見られた。AFP記者によると、川にかけられた橋では数百人が火災の様子を見ようと集まり、中にはスマートフォンで撮影している人もいた。【翻訳編集】 AFPBB News




菅官房長官、フランス国民にお見舞い=ノートルダム大聖堂火災
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000035-jij-pol


news菅官房長官、フランス国民にお見舞い=ノートルダム大聖堂火災




 菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で、パリ・ノートルダム大聖堂での大規模火災について、「世界にとって損失であり、非常に心を痛めている。マクロン大統領をはじめとするフランス政府と国民に謹んでお見舞いを申し上げる」と述べた。

 修復などに関し「仏政府より何らかの支援要請がある場合、日本政府としては積極的に検討していきたい」とも語った。



ローマ法王が土下座した途端、キリスト教

の重要遺産が大炎上
wwwwwwwwww

南スーダンといえば元エ下劣植民地(縛w

南スーダンといえば自衛隊撤退(縛w


あのリアル分析も的中しまつたなぁ(縛w


リアル分析を実践・習得せんと励む読者諸


君がローマ帝国とのつながりを書いてくれ

てるようでつね。


確かにローマ法王自体ローマ帝国に関係し

てるんだからハズレではないでつね。



しかし多分より直接的なのはこっちでせう。

リアル分析の思考回路で重要な要素の一つ


は「今」であること、先生何度も書きまつ

たね?(縛w



自衛隊撤退で、世界に号令する和の国日本

にとってはもはやこの世から消えようがど


うでもいい国。


靴を舐めるってのは世界中どこを見ても屈


辱的な行為だってのは変わりないわけで、

そこまでするってことは、「近々来日する」


ローマ法王による命請いなわけでつよ。


それはクズ共にとっては裏切り行為でしか


ないんでつよ。

その報復としてノートルダム大聖堂に火を


つけたんでつよ!!!!


逆に言えば、下手人はカトリックの遺産な


ど屁とも思ってないヤツってこと(縛w

可汗一味の信教は、カトリックに破門にな


った、シカゴが拠点のネストリウス派でつ

たなぁ!!!!(縛w



マカロンは「5年で修復ニダ!」とか喚い

て世界中からカネをかき集めてるが、最近


困って舎弟企業にカネを上納させてるヤツ

を晒したばっかりでつなぁ!!!!(縛w



すべてつながったwwwwwwwwwww

これがリアル分析ってことなんでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



seaノートルダム大聖堂 ナラ

seaノートルダム大聖堂 楢

seaノートルダム大聖堂 楢2






黄ベスト22週目、マクロン氏の新政策発表を前に「何も期待しない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00000022-jij_afp-int


news黄ベスト22週目、マクロン氏の新政策発表を前に「何も期待しない」




【AFP=時事】エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領の政策に抗議する「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト、gilets jaunes)」運動は13日、22週目を迎えた。マクロン氏は数日内にも新たな政策を発表するとしているが、この日も各地でデモが実施され、全国で数万人が参加した。

 マクロン氏は黄ベスト運動による社会危機の打開を目指して、約5か月前から「国民討論会」を開催。この結果を分析し、これに基づいた新たな政策が近く発表される予定だ。しかし、パリで行われたデモでは、「国民討論会は大いなるべらべらべら」「マクロン、あんたの発表には何も期待しない」などと書かれた横断幕が見られた。

 13日のデモは、黄ベストデモの暴徒化を受けて治安部隊の権限拡大を認めた新法が施行されてから初めてのものとなった。反対派は市民の自由権侵害にあたると同法に抗議しているが、地元当局によると、新たに導入された同法の下で15人が逮捕され、5885人が職務質問を受けた。

 首都パリでは、これまでのデモで破壊行動が横行したシャンゼリゼ(Champs-Elysees)通りが封鎖され、今回のデモは南部トゥールーズ(Toulouse)が「中心地」となった。デモ隊と警官隊との緊張が最高潮に達したトゥールーズでは、デモ隊が建設用機械や車両に放火、警察側は催涙ガスや閃光発音筒(スタングレネード)で応酬した。

 このほか、南西部ボルドー(Bordeaux)や南部モンペリエ(Montpellier)でも小規模なデモが行われた。

 内務省発表によれば、13日のデモ参加者は仏全土で約3万1000人で、先週の2万2300人から増加。パリでも参加者は先週の3500人から増えて5000人となった。

 政府側が発表する数字について、デモ主催者側は黄ベストデモの参加者数を大幅に少なく見せようとしていると主張し、一貫して異議を唱えている。【翻訳編集】 AFPBB News




仏「黄ベスト」23週目、パリで200人以上逮捕 ノートルダム大聖堂周辺はデモ禁止に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000003-jij_afp-int


news仏「黄ベスト」23週目、パリで200人以上逮捕 ノートルダム大聖堂周辺はデモ禁止に




【AFP=時事】エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領の政策に抗議する「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト、gilets jaunes)」運動は20日、23週目を迎えた。この日も各地でデモが行われたが、パリではデモ隊と警官隊が衝突し、200人以上が逮捕された。

 エマニュエル・グレゴワール(Emmanuel Gregoire)パリ副市長がAFPに語ったところによると、バスチーユ広場(Place de la Bastille)とレピュブリック広場(Place de la Republique)を結ぶ道がかなりの被害を受けたという。

 内務省発表によると、20日のデモ参加者は仏全土で約2万7900人、うちパリでは9000人だった。政府側が発表する数字について、デモ主催者側は黄ベストデモの参加者数を大幅に少なく見せようとしていると主張し、一貫して異議を唱えており、20日のデモ参加者についても仏全土で10万人以上だったと主張している。

 シャンゼリゼ(Champs-Elysees)通り沿いに大損害をもたらした3月16日の暴動のように暴力がエスカレートする懸念を払拭(ふっしょく)すべく、仏全土に警察官と憲兵6万人以上が配備された。

 パリ警察は、デモ参加者227人を逮捕し、2万500人以上に職務質問を行ったと発表。パリ検察によると、夕方までに未成年者6人を含む178人が拘束された。20日のデモは、パリ以外では北部リール(Lille)や南西部のボルドー(Bordeaux)とトゥールーズ(Toulouse)などの都市でも行われた。

 15日に大火災に見舞われ、一部が封鎖されているノートルダム大聖堂(Notre Dame Cathedral)周辺へのデモ隊の立ち入りは禁止された。tフランスの資産家らはノートルダム大聖堂のために大金を寄付すると約束したが、この行動にデモ隊の一部が不満を示している。

 仏作家のオリビエ・プリオル(Olivier Pourriol)氏は、仏作家ビクトル・ユゴー(Victor Hugo)の2つの作品を引き合いに出し、「ビクトル・ユゴーは、『ノートルダム・ド・パリ』への支援をいとわないこうした寛大な篤志家全員に感謝し、『レ・ミゼラブル(Les Miserables)』にも同じことをしてはどうかと提案するだろう」とツイッター(Twitter)に投稿した。レ・ミゼラブルはパリの貧困層を描いた長編小説。【翻訳編集】 AFPBB News




ノートルダム高額寄付に怒り=反政府デモ激化も-フランス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000022-jij-eurp


newsノートルダム高額寄付に怒り=反政府デモ激化も-フランス




 【パリ時事】大火災に見舞われたフランスのパリ中心部にある観光名所、ノートルダム大聖堂の再建のため、大富豪らから多額の寄付金の申し出が相次いでいることに対し、マクロン大統領の政策に反対し昨年11月からデモを続けている抗議運動参加者らは「不公平だ」と不満を募らせている。

 抗議運動の中心となっている女性は17日、「社会的な惨状には何もしないのに、わずか一晩で膨大な金を拠出できることを見せつけた」と高額な寄付を批判。インターネット交流サイト(SNS)上では「人間より石が優先されるのか」などと反発する投稿が相次いだ。

 有力紙フィガロは、20日に予定されているデモについて「怒りを募らせたデモ隊が結集する可能性がある」と指摘。再び破壊行動が起きる恐れがあると報じた。



23週間経ってもデモが終わらないマカロ

ン政権
wwwwwwwwwwwwwwww

いつになったら終息するんだ!!!!(縛w

それはレ・ミゼラブルから搾取するお茶屋


がこの世から消えるまでだ!!!!(縛w


可汗一味の教会放火テロを口実にデモの行


く手を阻み弾圧するマカロン政権!!!!


タックスヘイブンにカネをくわえ込んでロ


クに税金を払わないくせに教会放火テロに

は一瞬で800億出すのは、ただの売名だ


けじゃなく可汗一味によるマネロンだから

だよなぁ!!!!



どうせカネ出すなら1兆2兆テメェの有り

金全部はたいて労働者を雇い、博多の陥没


のように1ヶ月で修復しろや!!!!(縛w


デザインを公募とか喚いてるのは時間を稼


ぐためでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





トヨタ寄贈の「フランダースの犬」記念碑はなぜ中国資本寄贈の石像に置き換わったのか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000025-mai-int


newsトヨタ寄贈の「フランダースの犬」記念碑はなぜ中国資本寄贈の石像に置き換わったのか




 名作童話として読み継がれ、日本では1970年代にテレビアニメも大ヒットした「フランダースの犬」。ベルギー北部フランダース地方のアントワープにある聖母大聖堂は、主人公の少年ネロが最期を迎えた舞台として、今なお日本人観光客の「巡礼地」であり続けている。大聖堂の前にはかつて、日本とアントワープの友好の象徴として、物語をモチーフに建てられた記念碑があった。ところが2年半前に取り壊され、現在では中国資本が寄贈した新たな石像に置き換わっている。欧州で拡大する中国の影響力は、ここにも表れているのだろうか。フランダース地方出身のインターン記者と共に取材した。

 ◇大聖堂前の広場から消えた「日の丸」

 <パトラッシュ、疲れたろう。僕も疲れたんだ。なんだかとても眠いんだ。パトラッシュ…>

 真冬のアントワープ聖母大聖堂。憧れの巨匠ルーベンスの祭壇画を目にすることができた少年ネロはその場で力尽き、愛犬パトラッシュを抱いて冷たい石の床に横たわったまま最期の時を迎えた。75年に放映されたアニメシリーズ「フランダースの犬」の印象的なエンディングである。

 このシーンを想起させる少年と犬の白い石像が、アントワープ中心部にある大聖堂前の広場に完成したのは、2016年12月のことだった。寄贈したのは中国・深センに本社を置くジュエリーブランド「周大生」。石像のわきにあるパネルには、中国の人々と周大生が、アントワープのダイヤモンド産業に貢献したことへの謝意が記されている。港湾都市アントワープは、世界で流通するダイヤモンドの原石の8割が集まるダイヤ取引の中心地だ。

 広場の同じ場所にはかつて、日本の関係者の協力で03年に建てられた記念碑が存在していた。「フランダースの犬」は英国の作家ウィーダが19世紀後半に発表した作品だが、舞台として描かれたベルギーのフランダース地方では、物語を知る人は多くない。ゆかりあるアントワープにも「フランダースの犬」にちなんだ記念碑などは存在せず、現地の日本人社会が建造を働きかけたのだった。

 03年5月9日。記念碑の完成式典には当時の駐ベルギー日本大使やアントワープ市幹部らが出席し、日ベルギーの友好の証しとして両国の国旗も記念碑の上にかけられた。御影(みかげ)石で作られた記念碑は縦1メートル・横2メートル・高さ45センチの箱形で、ネロとパトラッシュを描いた円形のガラスが中心部にはめ込まれていた。夜間になるとガラス部分の内側から赤い照明がともり、日の丸のように浮かび上がる仕掛けもあった。4万ユーロの建設費はトヨタ自動車の現地法人が寄付し、上面には日本語でこう刻まれていた。

 <この物語は悲しみの奥底から見出す事の出来る本当の希望と友情であり、永遠に語り継がれる私達の宝物なのです>

 碑文を考えたのは、ウェブデザイナーの日本人男性(50)だ。男性はそれまでベルギーを訪れたこともなかったが、「フランダースの犬」に関する情報を紹介するウェブサイト「PATRASCHE.NET」(パトラッシュ・ドット・ネット)を90年代後半から運営する筋金入りの愛好家として白羽の矢が立った。

 電話取材に応じた男性は「『フランダースの犬』は自分の人生にとって大切な宝もの。聖書と同じようなものです」と物語への思いを語る。テレビでアニメシリーズが放映されたのは、小学生の低学年のころだった。母がいない主人公ネロと同じ境遇で育った自分を重ね合わせて共感し、作品の持つキリスト教的なメッセージは、後にクリスチャンになるきっかけになったという。

 男性は数年前、記念碑が移動するかもしれないとの情報を現地の知人を通して耳にした。「最初はフランダースの犬が多くの人に広まるのであれば、残念だけどやむを得ないと思いました。でも……」。それからしばらくして記念碑は取り壊され、同じ場所にネロとパトラッシュの新しい石像ができたことを知った。

 男性は経緯を尋ねるために、現地の関係者や日本の外務省、在京のベルギー大使館などに問い合わせたが、現在に至るまで納得できる回答は得られていない。

 「寂しい思いしかない」。男性は何度も繰り返した。

 ◇「正しい方向であればスポンサーは誰でも構わない」

 記念碑はなぜ撤去されなければいけなかったのか。新しい石像の建造とスポンサー探しにかかわったアントワープの観光ガイド、タンギー・オットマーさん(37)を訪ねた。飼い犬をパトラッシュと名付ける彼もまた「フランダースの犬」に魅せられた一人である。

 「いつも記念碑が壊れているのを見るのが悲しかった」。オットマーさんは、建て替えが必要と考えた理由について、説明を始めた。記念碑は、広場を取り囲むレストランを回る配送トラックがたびたび接触し、破損と修復を繰り返していた。時には壊れたまま2カ月近く放置されることもあった。「フランダースの犬」を知らない地元の人たちから記念碑として関心を寄せられず、45センチというちょうどいい高さ故に腰掛けとして使われて「トヨタベンチ」と呼ばれていたことも残念に感じていたという。

 オットマーさんは16歳のころ、アントワープの歴史を調べる中で、ネロとパトラッシュの物語を偶然知った。観光ガイドとなってからその魅力に改めてひかれ、人気の背景を知ろうと日本を訪れたこともある。アントワープ市が観光資源として「フランダースの犬」を十分活用していない状況を変え、フランダース地方を含むベルギー全体で知名度を高めたいという思いを持ち続けていたという。

 オットマーさんは10年、「フランダースの犬」をモチーフにした新しい像の建造に向けた国際デザインコンクールを企画したが、市側の協力を得られずに開催には至らなかった。この時、日系企業のスポンサーも探したが、「良い反応は得られなかった」という。状況が変わったのは16年だった。ガイドの顧客だった中国のジュエリーブランド「周大生」の関係者を通して、同社から金銭的な支援を得られることになったのだ。

 市側の事情も変わっていた。アントワープ市政は13年からフランダース地方の分離独立を掲げる中道右派の新フランデレン同盟(N―VA)が握った。破損を繰り返す記念碑の修復費用を負担していた市側は、新しい像の寄贈を持ちかけたオットマーさんらの提案に乗った。

 観光客の動向も影響した可能生がある。アントワープ市を訪れる日本からの観光客は近年、顕著に減っている。07年には1万4700人だった日本人観光客は、17年には5500人まで落ち込んだ。取って代わるように中国からの観光客は増加を続けている。12年を境に日本人観光客を上回り、17年は9800人と日本人観光客の倍近くが訪れた。

 「フランダースの犬は、友情や信念、そして前向きな思考の大切さを伝える普遍的な物語です。(像が示すメッセージが)正しい方向であれば、スポンサーは誰であっても構わないはずです」とオットマーさんは言う。

 同じ16年の5月、「フランダースの犬」の原作にならって、受賞者がアントワープの王立芸術アカデミーで1年間勉強できる市長主催のデザインコンクールが開かれた。優勝したベルギー人アーティストがデザインした白い大理石のネロとパトラッシュ像は、記念碑の跡地に12月に完成した。くしくもこの年は、日本とベルギーが外交関係を樹立して150周年にあたる節目の年だった。

 オットマーさんは「私がガイドした多くの日本人からは、新しい像についてとても良い反応をもらっています」と笑顔を見せた。

 ◇軽視された物語の価値

 「記念碑が撤去されたことは残念でした。石像と互いに補完することができたはずだからです」。そう語るのは、ベルギーのドキュメンタリー作家、ディディエ・ボルカールトさん(47)だ。フランダース地方で知名度の低い物語が、日本で愛され続ける背景に迫ったドキュメンタリー映画「パトラッシュ、フランダースの犬 メイド・イン・ジャパン」を07年に製作し、これを基にした編著は「誰がネロとパトラッシュを殺すのか」(岩波書店)として邦訳もされている。

 「フランダースの犬は、異なる文化を結びつける力がある物語です。しかし、アントワープ市はその重要性を十分に認識しているとは思えません」とボルカールトさんは言う。実際、日本側の協力で記念碑が建てられた後も、アントワープでは「フランダースの犬」を使った観光キャンペーンなどは行われず、それを避ける雰囲気すらあった。その理由について、ボルカールトさんは「フランダース人の目から見ると、これは貧しく、何よりも人生に失敗する物語であり、自分たちが打ち出したいイメージとは違う」と著書で指摘している。

 欧州を代表する港湾都市アントワープは、ダイヤモンド産業のほかにもファッションの街として知られ、ベルギー経済を支える活力あふれる街だ。「アントワープにとって『フランダースの犬』は関心事ではありません。重視するのはダイヤモンドやチョコレートなど観光客に売れるものです。『フランダースの犬』は文化であり、アントワープには(経済的利益を)何ももたらしません。日本の人たちは、それは違うと言うかもしれません。しかし、ダイヤモンドがもたらすものとは比較にならないのは明らかです」

 「日本のアニメを見て育った」というボルカールトさんは、日本のアニメとオタク文化の研究で博士号を取得した。「フランダースの犬」をテーマにしたドキュメンタリー映画を製作したのは、ベルギーの人々に物語を広めると共に、「日本に恩返しをして、より良い関係につなげたいと考えた」からだという。

 ボルカールトさんたちの調査によると、フランダース地方の公用語オランダ語で「フランダースの犬」の完訳版が初めて発売されたのは85年と遅かった。きっかけとなったのは、アントワープに「巡礼」に訪れる日本人観光客だったという。英国人作家がフランダースを描いた物語は、日本を経由してその地で暮らす人々に知られることになったのだ。

 映画の発表から10年以上がたったが、ベルギー国内での状況は「何も変わらなかった」とボルカールトさんは嘆く。「本当の希望と友情」の証しだった記念碑の撤去は、それを象徴する出来事だった。【ヤーロー・マナート、八田浩輔】

 ◇地元出身インターン記者の思いは……

 私はフランダース地方のデンデルモンデという街で育ちました。現在はルーベン・カトリック大学大学院でビジネス・コミュニケーションを専攻しています。2018年8月まで1年間、九州大学に留学していました。

 「フランダースの犬」を初めて知ったのは、ベルギーの大学で受けた日本語の授業でした。日本語と日本に興味を持っていなければ、私は自分が育った地域を描いた話を知ることがなかったかもしれません。ベルギーで「フランダースの犬」は子供向けの本も漫画もなく、学校でも教わりません。日本で製作されたアニメシリーズは、さまざまな言葉に翻訳されていますが、ベルギーでは一度も放映されたことがありません。こうした事実は、フランダース地方とベルギーにおいて、この物語がどれほど知られていないかを示すものです。

 アントワープ聖母大聖堂の前の広場にあった日本とベルギーの友好を象徴する記念碑は、中国企業がスポンサーになった石像に置き換わりました。最初は中国による干渉も頭をよぎりました。しかし実際には、関わった人たちに悪意はなく、ネロとパトラッシュの物語への敬意から何かがしたいと考えた結果だと分かりました。

 私は、記念碑は取り壊されるべきではなく、新しい石像と共存することができたと考えています。記念碑が何度も損傷したことから、アントワープ市が撤去を決めたことも理解できますが、物語の価値と日本とのつながりを認識していない市を擁護する気にはなれません。

 日本でもテレビシリーズの放映から40年以上がたち、若い世代でこの物語を知らない人たちが増えることを心配しています。私の日本の20代の友人も「フランダースの犬」を知りませんでした。

 ネロとパトラッシュが日本とベルギーで忘れられないために、三つのことが必要だと思っています。一つはアントワープ市が、この物語を通して政治・経済を超えたレベルで日本とつながる重要性を認識することです。次に、フランダースの人々がこの物語を知り、たとえ自分が持つフランダースのイメージと異なるとしても、それを受け入れること。最後に日本の若い世代にこの物語を知る機会が増えてほしいと思います。友情の物語が、子供や孫たちの世代にも長く生き続けることを願っています。【ヤーロー・マナート(毎日新聞ブリュッセル支局インターン)】




seaアントワープ大聖堂 火災 フランダースの犬

seaノートルダム大聖堂 火災 フランダースの犬




教会放火テロの一報を聞いて真っ先に、そ

して一瞬だけ頭をよぎったのがアントワー


プ大聖堂とフランダースの犬(縛w


まあノートルダム寺院があちこちにあるの


は知ってたし、現場はパリってことだった

のでほんとに一瞬だったが。



この記念碑は前に取り上げたことがありま

つね。


トヨタの記念碑を壊して支那地区のカネで

とても芸術性のあるとはいえねぇ見苦しい


石像を置いたわけだが、まあ支那地区のせ

いじゃないでつね。



ベルギーといえば言うまでもなくハーン。

トヨタの記念碑を自動車テロで破壊したり


ケツに敷いたりしたのは当然日本に対する

宣戦布告。



日本は真珠の養殖に成功して真珠ビジネス

を崩壊させたわけだが、宝石ビジネスも崩


壊させる必要がありそうだなぁ!!!!(縛w


まあ日本を排除して支那地区と手を組んだ


ということは、アメリカにケンカを売った

ということ(縛w



嘔臭のハーンは米支貿易戦争で纏めて自誤

苦に落ちるしかねぇってことでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





ゴーン容疑者、仏政府に擁護要請=逮捕直前、仏TVに
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-00000113-jij-eurp


newsゴーン容疑者、仏政府に擁護要請=逮捕直前、仏TVに




 【パリ時事】日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者は4日の逮捕直前、インターネットを通じてフランスのテレビ局のインタビューに応じ、「仏政府に市民としての私の権利を守るよう求める」と要請した。

 ゴーン容疑者が昨年11月に逮捕されて以来、テレビのインタビューに応じるのは初めて。

 ゴーン容疑者は「私は闘っている。無実だ。しかし困難(な状況)だと認めざるを得ない」と改めて無罪を主張。「組織的に破壊工作が行われている。日産内部の一部の人間が発端だ」と語り、一連の事件は日産による謀略だと非難した。

 ルメール経済・財務相も4日、仏テレビに出演し、ゴーン容疑者について「推定無罪の原則があり、領事保護を受ける権利もある」と強調した。




ゴーン氏の動画公開 仏メディア「拍子抜けする」
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190410-00000001-ann-int


newsゴーン氏の動画公開 仏メディア「拍子抜けする」




 9日に公開されたカルロス・ゴーン容疑者の動画について、フランスのメディアが「拍子抜けする内容だった」と報じました。

 現地メディアは、ゴーン容疑者が動画の中で改めて「私は無実だ」と述べたと伝えました。一方で、実名を挙げた反論や起訴内容を否定する詳しい証拠については語られなかったことから「拍子抜けする内容だった」と報じました。また、ゴーン容疑者は公正な裁判を訴え、キャロル夫人もフランス政府に支援を求めていますが、ルメール経済財務相は「日本の司法について述べることはない。政治的な介入がゴーン氏の利益を守るための最善策とは思えない」と静観する姿勢を示しました。




ゴーン容疑者「事件は日産幹部の陰謀」 再逮捕前の動画公開
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000536-san-soci


newsゴーン容疑者「事件は日産幹部の陰謀」 再逮捕前の動画公開




 日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)がオマーンの販売代理店に日産資金を不正に支出したとされる特別背任事件で、ゴーン容疑者の弁護人は9日、再逮捕前に撮影した動画を公開した。ゴーン容疑者は約7分30秒間の動画で「全ての嫌疑について私は無実」と改めて英語で潔白を主張。「事件は日産の一部幹部による陰謀、謀略だ」と批判した。

 弁護人の弘中惇一郎弁護士が東京都内で記者会見し、動画を公開。同日午後4時からインターネット上でも公開される。

 ゴーン容疑者は起訴された事件について「108日間もの期間を拘置所で過ごしたにもかかわらず、私は常に無罪であるという一貫した立場だ」と訴えた。

 さらに、嫌疑に基づいてなされている非難についても事実無根だとし、「言われているような『強欲』『独裁』などという話ではなく、これは『陰謀』『謀略』『中傷』だ」と主張。日産の独立性が脅かされることを恐れた現経営陣に問題があったとし、「汚いたくらみを実現させるべく仕掛けた多くの名前を挙げることができる」と語気を強めたが、実名は出さなかった。弁護士の判断という。

 約20年間、事実上の経営トップを務め、8日に取締役を解任されたばかりのゴーン容疑者は「20年間、非常に多くの結果を残した」「日本経済にも貢献してきた」などとカリスマ経営者としての自負も見せ、「私は日本を愛し、日産を愛している」と強調した。

 そして「最も強く望むことは公正な裁判を受けることだ」と語った。

 ゴーン容疑者は平成27~30年、子会社の中東日産からオマーン代理店のスハイル・バハワン自動車(SBA)に計1500万ドルを支出させ、うち計500万ドル(約5億6300万円)を、実質的に保有するレバノンの投資会社に送金させたとして会社法違反容疑で東京地検特捜部に再逮捕された。

 ゴーン容疑者は再逮捕前、自身のツイッターを開設し、今月11日に記者会見を開くと明らかにしたが、再逮捕されたため実現しなかった。動画は再逮捕で会見が中止となった場合に備えて撮影したという。ゴーン容疑者自身が公の場で主張を明らかにするのは、今年1月8日に東京地裁で開かれた勾留理由開示手続きで「私は無実。不当に勾留されている」と訴えて以来。

 ゴーン容疑者は昨年11月19日、側近で前代表取締役、グレゴリー・ケリー被告(62)=金融商品取引法違反罪で起訴、保釈=とともに逮捕され、108日間の身柄拘束を経て今年3月6日に保釈された。

 特捜部は今月4日、4回目の逮捕に踏み切り、東京地裁は5日にゴーン容疑者の10日間の勾留を認める決定をした。弁護側は決定を不服として準抗告したが、地裁は棄却。これを受け、弁護側は最高裁に近く特別抗告するという。





日仏関係「特段の影響ない」 菅義偉官房長官、カルロス・ゴーン容疑者4回目逮捕で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-00000526-san-pol


news日仏関係「特段の影響ない」 菅義偉官房長官、カルロス・ゴーン容疑者4回目逮捕で




 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は4日午前の記者会見で、東京地検特捜部が会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告を、新たな同法違反(特別背任)容疑で再逮捕したことに関し「コメントは差し控える」と述べた。その上で日仏関係に与える影響について「政治、経済などあらゆる面で綿密な関係を維持しており、個別事案で特段の影響を受けることはない」と強調した。

 東京地検特捜部は4日、中東オマーンの販売代理店側に日産資金を不正に支出し、約5億6300万円の損害を与えたとして、ゴーン容疑者を再逮捕した。逮捕は4回目。





ゴーン容疑者、代理店を“トンネル”に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00000620-san-soci


newsゴーン容疑者、代理店を“トンネル”に




 日産自動車の資金をオマーンの販売代理店に不正に支出したとして会社法違反(特別背任)容疑で前会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)が逮捕された事件で、代理店の経理担当幹部が巨額の日産資金について「自分たちはタッチできない」と周囲に話していたことが5日、明らかになった。ゴーン容疑者が代理店を“トンネル”に、資金を自身に還流させた構図が浮かんでいる。

 ■CEOボーナス

 「自分たちは、『CEOボーナス』には全くタッチできない」。関係者によると、ゴーン容疑者と親しいオマーンの販売代理店、スハイル・バハワン自動車(SBA)の経理担当幹部は周囲にこう漏らしていたという。

 ゴーン容疑者は平成27年12月~30年7月、日産子会社の中東日産(アラブ首長国連邦)から、SBAに計1500万ドルを支出させ、うち計500万ドル(約5億6300万円)を、実質的に保有するレバノンの投資会社、グッド・フェイス・インベストメンツ(GFI)に送金させたとして再逮捕された。

 ゴーン容疑者は自身で使途を決める「CEOリザーブ」という予備費から毎年、中東3カ国の代理店にインセンティブ(報奨金)名目で資金を支出。SBAオーナーのスハイル・バハワン氏はゴーン容疑者の友人で、同社には24年から30年にかけ計約35億円が支払われていた

 ■「支払いありき」

 SBAの経理担当幹部はGFIの代表を務め、自身の個人口座からGFIへ約40億円を送金していたが、使途を決めることはできなかったようだ。CEOリザーブとは別途、日産の正規の予算から報奨金が出ていたにもかかわらず、さらなる資金援助を求めてくることもあったという。

 一方、中東日産内部では、CEOリザーブからの送金が一時凍結されたことがあった。当時のフランス人幹部がCEOリザーブからの支払いの正当性を疑問視し、28年度分の送金をストップ。その後、フランス人幹部はゴーン容疑者と急(きゅう)遽(きょ)面会し、慌てて支払うことになったという。

 当時の状況を知る現地関係者は「代理店側からゴーン氏に未払いの連絡があったようだ。CEOリザーブからの支払いは社内でよく思われていなかったが、とにかく支払いありきで話が進められた」と明かす。

 ■自身の利益明確

 SBAからGFIへ流れた資金は、さらにゴーン容疑者の妻が代表を務める会社、ビューティー・ヨットに送金された。ゴーン容疑者の家族が使う大型クルーザー購入費(約16億円)の原資に充てられたほか、米国の長男の投資会社、ショウグン・インベストメンツにも流れ、私的な投資に使われた疑いがある。

 東京地検特捜部は、関係者の証言やメール、資金支払いの決裁文書など膨大な資料からGFIの口座をゴーン容疑者が実質管理していることを突き止め、4回目の逮捕に踏み切った。

 既に起訴済みの特別背任事件では、ゴーン容疑者が私的投資で巨額損失を出した際、信用保証に協力したサウジアラビアの友人側へ支出された約13億円が不正流用とされた。

 特別背任の立証で重要なポイントとされる「自身の利益を図ったかどうか」については、サウジアラビア・ルートでは不鮮明だった。だが今回のオマーン・ルートでは、まさに自身が管理する口座に還流させていることから「より悪質性、背任性が強い」(捜査関係者)とされる。

 ある検察幹部は「ゴーン容疑者に帰属することが明確だといえるレベルまで証拠を積み重ねた」と、立件の意義を強調している。




ゴーン容疑者の妻出国 特捜部が聴取要請も応じず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-00000518-san-soci


newsゴーン容疑者の妻出国 特捜部が聴取要請も応じず




 日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)がオマーンの販売代理店に日産資金を不正に支出したとされる特別背任事件で、東京地検特捜部がゴーン容疑者の妻、キャロル氏に任意聴取を要請したが、応じずに出国していたことが7日、関係者への取材で分かった。キャロル氏は日産資金の一部が流れた会社の代表だった。特捜部は東京地裁に証人尋問の実施を請求したが、実現しないとみられる。

 ゴーン容疑者は27年12月~30年7月、子会社の中東日産(アラブ首長国連邦)からオマーン代理店のスハイル・バハワン自動車(SBA)に計1500万ドルを支出させ、うち計500万ドル(約5億6300万円)を、実質的に保有するレバノンの投資会社グッド・フェイス・インベストメンツ(GFI)に送金させたとされる。

 GFIからは、キャロル氏が代表を務める会社ビューティーヨットに少なくとも約9億円が流れ、家族で使用する大型クルーザー(約16億円)の購入費用に充てられたとみられることが判明。息子が代表を務める米国の投資会社ショーグン・インベストメンツにも資金が流れ、私的投資に使われた可能性もある。

 こうした状況から特捜部はキャロル氏の携帯電話などを押収した上で5日に任意聴取を要請したが、キャロル氏はこれに応じず、海外へ出国したという。特捜部はキャロル氏への証人尋問を行うよう東京地裁に請求した。

 刑事訴訟法では、参考人などが任意聴取を拒否した場合、代わりに裁判官が初公判の前に呼び出して尋問を行う手続きが定められている。出頭に応じない場合は強制的に呼び出すことができるが、海外は日本の司法権が及ばないため、尋問は実現しないとみられる。



こんだけありとあらゆる手を使って日産を

私物化し巨額のカネを収奪しておきながら


どのツラ下げて無罪と喚いてんだ!!!!


必死に言い訳するも全く説得力なくフラン


スメディアからも失笑される始末!!!!

バカか!!!!(縛w



一般企業の数百万単位の架空取引だって税

務調査すればすぐバレるのに、35億も架


空取引でマネロンやってバレねぇと思って

んのか!!!!(縛w



ベルサイユ宮殿で80億の結婚式を指せた

浪費家のマネーアントワネットは16億の


狂う挫ー購入に加担、これでもう逃げ場の

ない犯罪者(縛w


バカ息子もな!!!!(縛w


一族郎党市中引き回しの上獄門でつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

ノートルダム寺院の流れはそういう事でありましたか。
これ普段からいろんな記事に目を通しておかないとより正確に分析できませんね。(ローマ法王が土下座した記事は把握してませんでした^^;)

ガチの人は検索結果の画像情報にも神経を尖らせているのかなと思いました。自分は色付きの本文ばかり読んでしまいますが。

No title

やはり自作自演のマッチポンプでしたか。
鎮火には失敗してるようですが💦
むしろ沈下しそうw
マネロンの重さに💦

No title

ダイヤモンドも養殖(合成)したるでぇw
令和元年が合成ダイヤモンド元年とも…あぁ大変(棒
各国の旗色が悪くなってからの行動やゴーン夫婦の命乞いの様子見てて当事者なのにこんなに状況がわからないものかとどん引きできるのもリアル分析があればこそ。

No title

わかり松。さんに反論すべく、あれだけ執拗にコメント連発してた空気を読めない風さん・・・何処に行っちゃったのでしょうか?(笑)

No title

>あれだけ執拗にコメント連発してた空気を読めない風さん

それではお茶屋情報ですw
フルフォードレポート(17/5/1)

>フランスのロスチャイルドが最近の米国と北朝鮮の間の戦争を引き起こそうと努力している主役である。それはフランス・ロスチャイルド家が北朝鮮の強硬派金正恩を彼らが支配する偽の金換率に置き換えたいからである。
ロスチャイルドは破産を避けるために金塊に手を出そうとしているが、その結果、彼らは北朝鮮の巨額な金塊や鉱物資源を欲望している。それが、彼らがその国を彼らの傀儡に置き換えたい理由であると、その情報源は言う。それで我々は北朝鮮に対する突然の脅威の急拡大を理解することができる。

No title

個人的にフランスのパンピーがおおいに気に入りました。あいつらには根性と信念がある。かの国の祭り騒ぎとは完全なる別物デモ。応援したいね!
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR