現在の閲覧者数:
FC2ブログ

【支那地区通信】擦り寄って来るのは罠 作り笑顔の仮面ごと打ち砕け

.
中国海軍、また宮古島沖通過=ミサイル艦、西太平洋出入り常態化-防衛省
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00000082-jij-soci


news中国海軍、また宮古島沖通過=ミサイル艦、西太平洋出入り常態化-防衛省




 防衛省統合幕僚監部は6日までに、中国海軍のミサイル駆逐艦などが5日に沖縄本島と宮古島間の海域を通過し、太平洋に向け航行したと発表した。

 宮古島沖では今月2日にも中国軍艦の通過が確認されており、海上自衛隊と空自が動向を監視している。

 政府関係者は「沖縄本島・宮古島間を経由した太平洋への出入りを常態化させることで、日本周辺海域の状況の変化を認めさせる狙いがある」と分析している。

 防衛省によると、5日午後5時ごろ、海上自衛隊の補給艦と護衛艦が、宮古島北東約100kmの海域を南東に進む中国海軍ルーヤンII級ミサイル駆逐艦1隻、ジャンカイII級フリゲート艦1隻、フチ級補給艦1隻を確認。その後、3隻は沖縄本島と宮古島の間の海域を南東に進み、太平洋へ向けて航行した。

 宮古島沖では2日に中国海軍のフリゲート艦と補給艦が沖縄本島と宮古島間を東シナ海に向け通過。3月30日と4月1日には中国の爆撃機などの飛行も確認されている(時事ドットコム編集部)。




中国船、沖ノ鳥島沖EEZで海洋調査 海保が中止要求
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-00000546-san-pol


news中国船、沖ノ鳥島沖EEZで海洋調査 海保が中止要求




 23日午後0時30分ごろ、沖ノ鳥島(東京都小笠原村)から東北東約165キロの排他的経済水域(EEZ)で、中国の海洋調査船「嘉庚」(カコウ)がロープのようなものを海中に垂らして航行しているのを海上保安庁の航空機が発見。目的を確認したところ、「海水温度の調査にあたっている」と応答した。海保は、海洋調査を実施していると判断し、無線で中止を求めたが、同船から応答はなかった。

 約1時間後、同船はロープを垂らした状態で沖ノ鳥島の東北東約160キロのEEZを西向けに航行を続け、海保は巡視船を向かわせている。

 国連海洋法条約では、他国のEEZでの無断の海洋調査は認められていない。




菅官房長官「一方的なガス田試掘、極めて遺憾」 外交ルートを通じて中国に抗議
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000530-san-pol


news菅官房長官「一方的なガス田試掘、極めて遺憾」 外交ルートを通じて中国に抗議




 菅義偉官房長官は22日午前の記者会見で、東シナ海の日中中間線付近で中国が一方的に進めるガス田開発で、今月上旬に複数の「移動式掘削船(リグ)」が試掘などの活動を行ったことに対し、外交ルートを通じて抗議を行ったと明らかにした。菅氏は「東シナ海の日中間の海上の境界が画定しない状況で、中国側が一方的な開発に向けた行為を継続していることは極めて遺憾だ」と述べた。

 抗議は外務省の担当課長から、在日中国大使館の参事官に対して行った。

 日中両政府は平成20年、東シナ海の境界画定までガス田の共同開発区域を設定し、協力することなどで合意したが、尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる対立で交渉は中断している。

 菅氏は「中国側に合意に基づく交渉を早期に再開し、合意を実施することを引き続き求めていく」と語った。

 中国のリグは昨年9月に日中中間線付近の中国側に現れて以降、試掘と移動を繰り返し、今月上旬、新たな海域に移って試掘を始めた。別のリグも今月上旬から中国が設置している16基の永続的なガス田採掘施設のうち1基の近くに停泊。試掘などを行う可能性がある。




フランス軍艦、台湾海峡を航行 中国が抗議申し入れ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000036-jij_afp-int


newsフランス軍艦、台湾海峡を航行 中国が抗議申し入れ




【AFP=時事】中国は25日、台湾海峡(Taiwan Strait)を今月航行したフランス軍の艦船に警告を発していたことを明らかにするとともに、同国政府に対し、今回の動きについて正式に抗議を申し入れたと発表した。

 中国国防省は、フランス軍艦が今月7日に「中国の領海に違法に入った」としている。

 中国政府は、独自の政府と民主主義制度を持つ台湾について、統一を果たすべき自国の領土とみなしている。

 中国国防省の任国強(Ren Guoqiang)報道官は、月例の記者会見で船を特定することはなかったものの、中国海軍創設70周年を記念して今週行われた国際観艦式に参加予定だった仏フリゲート艦「バンデミエール(Vendemiaire)」が姿を見せておらず、いずれの国もそれについて説明していない

 中国が正式に抗議したことを認めた後、フランスのフロランス・パルリ(Florence Parly)国防相の側近は、「(仏)海軍は、事故も反応もなく、台湾海峡を年に1回程度航行している」と述べた。

 米軍艦は同海峡で「航行の自由」作戦を定期的に実施しており、中国側は毎回怒りを見せている。しかし欧州諸国が同様の作戦を展開するのはまれ。【翻訳編集】 AFPBB News




米艦、台湾海峡通過 今年4回目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000513-san-cn


news米艦、台湾海峡通過 今年4回目




 【台北=田中靖人】台湾の国防部(国防省に相当)は29日、米海軍の艦艇2隻が28日に台湾海峡を南から北に通過したと発表した。米国の艦船が台湾海峡を通過するのは今年に入り4回目で、1月以降、毎月下旬に通過している。

 国防部は「米艦の台湾海峡の自由航行はインド太平洋戦略における任務遂行の一環だ」と強調した。

 国防部は、フランス海軍のフリゲート艦が今月6日に台湾海峡を通過した際には発表していない。



支那地区が覇権を求め日本に対する軍事的

野心を示した途端、フランスとアメリカか


らボコられる因果応報の展開wwwwww


なんでフランスとアメリカなのか、うちの

読者ならよくお分かりでせう、日米北体制

だからでつよ(縛w



フランスなんか、5日に支那地区が海洋侵

略してきた直後の7日に支那地区に無慈悲


な鉄槌(縛w


日本が直接手を下さなくても、いくらでも


支那地区に無慈悲な鉄槌を下すことができ

ることになってるわけでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





中国政府が遂にHuaweiと組む――「5G+4K・8K」で
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20190411-00121961/


news中国政府が遂にHuaweiと組む――「5G_4K・8K」で




 4月9日、中国政府が初めてHuaweiと提携することになった。これまで政府指定の企業から全て排除してきた中国政府側が譲歩した形だ。これにより中国は一気に5Gを軸としたデジタル・シルクロード完遂を狙う

◆「スーパーハイビジョン映像産業発展行動計画」でHuaweiを指名

 中国政府中央行政省庁の一つである工信部(中華人民共和国工業と信息化部)(信息=情報)は今年3月1日に国家広播電視(テレビ)総局と中央広播電視総台(台=局)とともに、「超高清(スーパーハイビジョン)視頻(映像)産業発展行動計画(2019-2022)」(工信部聯電子〔2019〕56号)を発布した(以下、「行動計画」)。「5G」と「4K」および「8K」を中心とした最新バージョンだ。

 これに関して4月9日、中央テレビ局CCTVは最近立ち上げた「行動計画」の中で、Huaweiを政府指定の協力プラットフォームとして挙げたのだ(この頁にある「央広網」の簡体字は「中国中央広播電視総台」のウェブサイトという意味)。

 ほかに中国移動(China Mobile)、中国電信(China Telecom)、中国聯通(China Unicom)という中国3大電信があるが、Huaweiを中国政府が協力民間企業として指名したのは、これが初めてのことである。

 「行動計画」では、2020年までに、まずは解像度「4K」が放映できる条件を整えた都市を選定して実行し、2022年の北京冬季オリンピックまでには解像度「8K」を普及させていく計画であるという。もちろん次世代通信規格「5G」を今年中に落着させ、自動運転やIoTなども含めた全ての通信インフラに関する「行動計画」を実行するために4兆元(4月10日の為替1元=16.55円に基づけば、66.2兆円)を投資する。

◆これまでHuaweiを排除し続けてきた中国政府

 これまで中国政府の大型プロジェクトにおいて、中国政府が指名するプラットフォームの中にHuaweiの名前が挙がったことがない。昨年の改革開放40周年記念100名リストから始まって、それらの実態を列挙してみよう。

1.100人リストから排除

   2018年12月30日付けのコラム<Huawei総裁はなぜ100人リストから排除されたのか?>に書いたように、昨年12月18日に北京の人民大会堂で改革開放40周年記念大会が開催され、改革開放に貢献した100人が表彰されたが、その中に改革開放とともに歩み、最も貢献したはずの民間企業Huaweiの任正非CEOの名前はなかった。

2.BATIS(AI国家戦略の協力企業)からも排除

  今年2月12日付のコラム<中国のAI巨大戦略と米中対立――中国政府指名5大企業の怪>で、中国政府が指名したAI国家戦略に協力する5大企業BATIS(Baidu、Alibaba、Tencent、Iflytek、Sense Time)の中にHuaweiの名前はない。

3.社会信用システム構築のための63社からも排除

  これに関しては、まだコラムを書く時間が取れないままでいるが、中国の全ての人民を監視するための社会信用システム構築には、63の企業や組織が関わっている。それらは全て中国政府によって指名されたものだが、この中にもHuaweiの名前はない。

 このように、これまで中国政府とHuaweiとの間には大きな距離感が横たわっていた。その理由に関しては、このコラム欄で数多く書いてきたが、最大の理由は国有企業ZTEとHuaweiとの間で30年間にわたって続いてきた内紛があったからだと言っていいだろう。国有企業は中国政府そのものなので、Huaweiは中国政府と闘ってきたと言っても過言ではない。

◆譲歩したのは中国政府側だった

 2018年12月7日、<このままHuaweiを排除すると日米にとって嫌な事態が:一刻も早く解明を>というコラムを書いたが、あの時点で心配したのは、Huaweiがあまりに追い詰められると、Huaweiのための半導体メーカーであるHiSilicon(ハイシリコン)の半導体を外販するということに踏み切るのではないかという可能性だった。そうなると中国のハイテク国家戦略「中国製造2025」は一気に前進する。

 ところが屈したのはHuaweiではなく、中国政府側だった。

 アメリカはHuaweiが「中国政府と癒着し、情報を抜き取って中国政府に渡している」としてHuaweiの排除を関係各国に呼びかけてきたが、欧州諸国は、アメリカがその証拠を見せない限り、アメリカの言う通りには動かない。

◆デジタル・シルクロード――中国「5G、欧州こそが主戦場」

 3月26日付のコラム<G7切り崩す習近平「古代シルクロードの両端は中国とイタリア」>や4月1日付のコラム<マクロン大統領も対中ダブルスタンダード>などに書いたように、中国はすでにG7の一角を崩し、EUをも中国の傘下に置こうとしている。

 G7のうち、「一帯一路」への参加を表明したのは、たしかにイタリア(今年3月23日)だけではあるが、ヨーロッパ諸国は24ヵ国が、そしてEUでは既に14ヵ国が加盟していた。その後、3月27日に、中国の海南島で開催されていた「博鰲(ボアオ)アジアフォーラム」に参加したルクセンブルクのベッテル首相が李克強首相と会談して「一帯一路」への協力に関する覚書に署名したので、これでEUは15ヵ国が一帯一路に協力を表明したことになる。

 これらの国々は、基本的に5GにおいてHuaweiを排除するとは言わない。

 中国にとって「一帯一路」は巨大経済圏であると同時に巨大軍事戦略圏であり、かつ巨大デジタル・シルクロードでもあるのだ。

 5Gは通信インフラや社会インフラに寄与するだけでなく、軍事にも応用されることは明らかなので、Huaweiを採用するか否かは、今後の国際社会の趨勢を決めていく大きな分岐点となる。

 欧州諸国はアメリカが「証拠を出さない」ことを理由に、「Huaweiを排除しない」方向に動いている。習近平国家主席が欧州を歴訪した最終段階で(3月26日)、EU欧州委員長は5Gに関して「特定の企業を排除するか否かは、EU加盟国がそれぞれ独自に決める権利を持っている」としてHuaweiの排除を唱えなかった。

 李克強首相は4月9日、ベルギーの首都ブリュッセルで、欧州理事会のトゥスク議長、EU欧州委員会のユンケル委員長と共同で、第21回中国・EU首脳会議を主宰した。

 そこでは中国・EUを「世界の2大安定パワー」であり「世界の2大主要経済体」であると位置づけた上で、「中国・EU投資協定」を2019年内に、ハイレベル協定を2020年内に妥結させることを約束した。

 また「一帯一路」に関しては、中国・EU相互接続プラットフォームの枠組みの下で協力を強化するとしている。

 李克強首相はその後クロアチアを訪問し、第8回中国・中東欧諸国首脳会議に参加して、「16+1協力」を強化すると述べた。中国は欧州を着々と中国側に惹きつけるのに余念がない。

 習近平国家主席がイタリアを訪問した同じ日に、EUは首脳会議を開き、中国を「パートナー」と同時に「競争相手」と位置づけるなど、対中戦略の見直しに乗り出しているかに見えたが、トランプ大統領への批判的姿勢が、どうも中国・EU関係を近づかせているように見える。

 そうでなくともHuaweiは欧州で強い。

 ここに来ての、中国政府とHuaweiの提携は、その傾向を加速させるのではないか。今後の動きに注目したい。




ファーウェイ、中国安全保障当局から資金調達─米CIA=英紙
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00000005-reut-bus_all


newsファーウェイ、中国安全保障当局から資金調達─米CIA=英紙




[20日 ロイター] - 米中央情報局(CIA)は中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]が中国の安全保障当局から出資を受けていると指摘した。英紙タイムズが20日伝えた。ファーウェイを巡り新たな疑惑が加わった格好だ。

同紙によると、CIAはファーウェイが中国の中央国家安全委員会、人民解放軍、国家情報網の一部門から資金を受け取っていると指摘した。

一方、ファーウェイ代表者は「当社は匿名の情報源に基づく根拠のない主張にはコメントしない」とタイムズ紙に述べた。

ファーウェイ、CIA、中国外務省はコメントの求めに応じていない。

米政府は英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの5カ国の情報機関からなる「ファイブ・アイズ」で今回の疑惑に関する情報を共有しているという。



「ウリの飼い主様政府は盗聴器屋とは関係な

いニダ!」と喚くもCIAにあっさりカネ


のつながりがバレるブザマでミジメな支那

地区の提灯持ちの売国マスゴミ!!!!(縛w



今まで関係ない振りしてきたが、アメリカ

と全面対決の様相になった途端手を組み始


めるのはなんででせうか?(縛w

ヤバくなるまでひた隠し、誤魔化してただ


けだろが!!!!

誤魔化せてなかったけどな!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





ファーウェイ新社屋が“ほぼハウステンボス”だった。日本企業が設計、敷地内は電車移動
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00010004-binsiderl-int


newsファーウェイ新社屋が“ほぼハウステンボス”だった。日本企業が設計、敷地内は電車移動




ファーウェイが東莞市郊外に建設した新キャンパス。実は日本企業が設計を担当した。

広東省深セン市に本社を置く通信機器メーカーのファーウェイ(華為技術)は、隣接する東莞市・松山湖に巨大な新キャンパス(拠点)を建設し、研究開発(R&D)部門の移転を進めている。「ファーウェイがお城を建設中」というニュースは、着工以来話題になっていたが、実際に足を踏み入れると、そこは1日かかっても回り切れないテーマパーク、というかほぼハウステンボスだった。

豪華な社員食堂

深セン市内から車で1時間半。ファーウェイの新キャンパスは工業地帯として有名な東莞市の松山湖地区にある。

松山湖は風光明媚な観光地として知られるが、一方で、東莞市政府が早くから整備してきた産業団地エリアでもある。

新キャンパスはヨーロッパをイメージしており、総面積120万平方メートル。現地を訪れた日本人は、往々にして「東京ドーム何個分か」と質問してしまう。

東京ドーム25個分、東京ディズニーランドが2つ入る大きさだという。

ブルゴーニュ、パリ、チェスキー・クルムロフ(チェコ)、オクスフォードなど欧州の12地方・都市をモデルに日本の日建設計がデザインを手掛けた。

新キャンパスに移転するのは、ファーウェイのR&D部門スタッフ約2万5000~3万人。建設は2015年に始まり、2018年から社員の移転に着手。2019年内に完了する予定。

移転にあたって、中国の不動産大手が周辺を住宅地として開発。周囲の地価も上がっていると噂されている。

松山湖への移転は、創業者である任正非(レン・ジョンフェイ)CEOの「空気のきれいな落ち着いた場所の方が、研究開発に集中できる」という考えによるものだが、なぜヨーロッパ調のデザインになったかは、よく分からないという。

広すぎる敷地内は、移動のための電車が走っている。車両はスイスや日本から輸入する案もあったが、今は中国メーカーの製品を採用している。

中国のIT企業は、朝9時から夜9時まで週6日働く「996労働」が働き方を象徴するキーワードになっている。ファーウェイはその代表的企業だが、新キャンパスの終電は18時台(2018年時点)と早め。

ただし、多くの人は車で通勤しているため、終電を逃してもそこまで問題はない。

広すぎるキャンパスには、複数の社員食堂がある。ファーウェイは電車に乗って別のエリアで交流しながら昼食を取ることを推奨しているという。

社員食堂の一つは高級感漂うビュッフェ。ランチのお値段は170元(約1900円)。

寿司・刺身コーナーも。刺身は注文後に切り分けてくれる。

お好みの具材、調味料で作ってくれる麺コーナー。

デザート、コーヒーは別料金。

種類豊富なケーキ。

松山湖キャンパス、深センの本社である坂田キャンパス共に、池ではブラック・スワンが飼われている。ブラック・スワンは「予測できないが、非常に大きなインパクトをもたらす事象」を指す経済用語として、2008年のリーマン・ショック後に大きな注目を集めた。

任CEOが「順調なときでも、危機は突然訪れることを、社員に伝えるため」ブラック・スワンの飼育を決定したとされ、2018年末の孟晩舟(メン・ワンジョウ)CFO逮捕後に、ブラック・スワンのストーリーが各メディアで度々紹介された。

ただし、任CEO自身は2019年3月、外国メディアのインタビューでこの意図を否定。「私はブラック・スワンが嫌いです。いつでも草花を食べるばかりだから。私とは何の関係もないし、むしろアヒルの方が好き」と答えた。

任CEOのこの発言は、ファーウェイ社員の間でも定説を覆すものと受け取られたようだ。ファーウェイ・ジャパン広報が真相調査にあたってくれたが、誰が何のために飼い始めたかは現時点ではっきりしていない。

複数の社員の証言によると、2009年時点ではすでに深センの本社に存在していた模様。

繁殖シーズンには、毛がグレーのひなも見ることができるとのこと。

「お城」で一気に知名度を上げたが、実はファーウェイは2009年から松山湖地区で工場を稼働。現在もスマートフォンの生産の一部を担っている。

2019年4月の取材時は、P20を生産していた。

トヨタ自動車OBを招いて生産の改善を重ねており、一本の製造ラインに必要な人員は、2013年の86人から、現在は17人まで減った。

現場の小さな改善を奨励し、大型機械などを入れない改善例を「からくり」と呼んでいる。

自動化を進め、スマホ1台を28.5秒で組み立てる。

スマホ工場近くには、ファーウェイのセキュリティー対策を担うサイバーセキュリティーラボがある。

セキュリティー部門のトップは、ジョン・サフォーク(John Suffolk)氏。イギリス政府の最高情報責任者(CIO)などを務め、2011年にファーウェイに転じた。

ラボは通常非公開だが、アメリカ政府がファーウェイがスパイ行為を行っていると批判を強めているのを受け、最近は一部をメディアに公開している。

ラボで働く社員は、「私たちは情報を盗むことも許さないし、盗まれることも許さない。ファーウェイも多くの知的財産権を保有しているのだから」と語った。



何の脈絡もない支那地区の売春市にハウス

テンボス(縛w


悪濫堕のイヌ(縛w

常日頃愛国がどうとか喚いてるくせになん


で嘔臭カブレなんだよ(縛w


一応長崎のハウステンボスは悪濫堕の除嘔


が日本に来たときに正式な許可を出してる

んだが、支那地区はまた無断パクリか?(縛w



どこの売国奴だトヨタの技術を支那地区に

流してんのは!!!!



ベルギーはトヨタの記念碑を排除して支那

地区マンセー、支那地区はトヨタをパクっ


て悪濫堕マンセー、ルクセンブルクも支那

地区のカネを拝み、ベネルクス三国は完全


に反日米北仏体制。


米支貿易戦争で明らかに支那地区に不利な


流れになってるにも拘らず親支那地区の意

思表示をするってことは、やはり可汗一味


の地は争えないってことでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





海自艦、7年半ぶり訪中 青島に入港、観艦式参加へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000033-kyodonews-soci


news海自艦、7年半ぶり訪中 青島に入港、観艦式参加へ




 【青島共同】中国海軍創設70周年を記念し山東省青島付近で23日に開かれる国際観艦式参加のため、海上自衛隊の護衛艦「すずつき」が21日、青島に入港した。海自艦艇の訪中は2011年12月以来、約7年半ぶり。昨年10月の日中首脳会談で申し合わせた両国の艦艇相互訪問の一環で、中国海軍が東・南シナ海で活動を活発化させる中、防衛交流促進で信頼醸成につなげる狙い。

 すずつきは自衛艦旗である旭日旗を掲げて入港。旭日旗を巡っては韓国が昨年開いた国際観艦式で日本に掲揚自粛を要請、日本側が応じられないとして艦艇の参加を取りやめた経緯があったが、中国は事実上、問題視しなかった。




日本産牛肉の輸出解禁へ一歩 日中が検疫協定で合意
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/190414/mcb1904142335002-n1.htm


news日本産牛肉の輸出解禁へ一歩 日中が検疫協定で合意




 【北京=西見由章】日中両政府は14日、貿易や投資などの経済課題を議論する閣僚級の「ハイレベル経済対話」を北京で開き、日本産牛肉の中国への輸出解禁に必要な「動物衛生検疫協定」について実質合意した。日本側議長を務めた河野太郎外相は「輸出解禁に向けた重要なステップだ」と記者団に語った。

 中国は2001年から牛海綿状脳症(BSE)の発生などを理由に日本産牛肉の輸入を禁止。同協定は、輸入再開のためのリスク評価などの手続きを中国側が完結させるのに必要とされ、解禁に向けた動きに弾みがつきそうだ。

 また河野氏は、米中貿易協議において米国が改善を求めている外国企業に対する技術移転の強要や知的財産権の侵害、国有企業への産業補助金といった中国側の構造的な問題について「日本側の懸念をしっかりと伝達した」と述べた。

 中国では3月、行政職員が外国企業に技術移転を強要することを禁じた「外商投資法」が成立した。同行筋によると、日本側は日本企業に対する運用・執行の実態などについて注視する姿勢を伝えたという。

 一方、中国側は日本での第5世代(5G)移動通信システム整備をめぐり、華為技術(ファーウェイ)などの中国企業の製品を排除しないよう要請。中国外務省によると、中国側議長を務めた王毅国務委員兼外相は「公平公正で差別のない経営環境」を整備しなければならないと主張した。

 王氏は経済対話の総括として、日中両国が「多国間主義と自由貿易体制をともに擁護」することや、世界貿易機関(WTO)改革をめぐり協調を強めることで一致したと述べた。トランプ米政権の通商圧力を念頭に置いた発言だ。

 中国の巨大経済圏構想「一帯一路」についても、日本が「より積極的かつ明確な態度で建設に参画」するよう期待するとした。




「愛国心傷つけた」と逮捕 結婚式に旧日本軍の軍服
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190411-00000053-ann-int


news「愛国心傷つけた」と逮捕 結婚式に旧日本軍の軍服




 中国の結婚式で旧日本軍の軍服を着た新郎らが逮捕されました。

 「環球時報」によりますと、10日に河南省で旧日本軍の軍服を模した服を着た22歳の新郎ら6人逮捕されました。衣装を購入したり、動画を投稿したりした男らも摘発されていて、民族感情や愛国心を傷付けたということです。中国では旧日本軍の軍国主義を崇拝する一部のマニアの言動が社会問題となっていて、当局が取り締まりを強化しています。




【中国トンデモ事件簿】 「中国を支持するのはバカ」「打倒中国帝国主義」“精日”行為で身柄拘束相次ぐ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00010002-fnnprimev-cn


news【中国トンデモ事件簿】 「中国を支持するのはバカ」「打倒中国帝国主義」“精日”行為で身柄拘束相次ぐ




4月のある日、河南省鄭州市で、結婚式を迎えた新郎が、鮮やかな赤色のオープンカーで、さっそうと花嫁を迎えに行った。ただ、その服装は、第二次世界大戦中の旧日本軍の軍服だった。友人が映像をネットにアップしたところ、精日(=精神的日本人)だとして警察に通報された。実は、新郎の友人5人が「刺激を得よう」と考えて軍服を新郎に着せたという。
警察は、「民族感情や愛国心を傷つけたとして、計画した友人ら3人を7~10日間拘束、新郎とほか2人を厳しく指導した。全員深く反省し後悔しているという。ネットには「病院で頭を診てもらえ」「国籍変えて日本に行け」という批判の他、「結婚式は警察署で」との声もあった。

「日本天皇万歳!中国共産党の警察は死ね」書き込みで拘束

3月、SNSのグループチャットで、精日的で、警察を侮辱する不当な言論をしたとして、46歳の男が身柄を拘束された。男はSNSの書き込みで「日本天皇万歳」「中国共産党の警察は死ね。俺は爆弾を持っていないだけだ」などと書き込んだという。警察を批判しているが、動機は分かっていない。

また、4月には河北省で、病院の玄関の電光掲示板に、「中国帝国主義を打倒しろ」「日本万歳」「中国を支持するのはバカだ」などの言葉が表示された。SNSにアップされた画像には、警察官が慌てて掲示板の撮影を止める様子が映っていた。警察は、関与したとして31歳の男の身柄を拘束。男は、会社の同僚の見舞いに病院を訪れ、携帯電話で掲示板に接続し“中国を侮辱する”言論を表示したという。詳しい動機は明らかになっていない。ネットでは「精日は治せない。死刑に」と批判の嵐だ。映像は削除されているが、転送され、今も残っている。

罰則が軽すぎる?

中国を卑下し、日本を美化する言動を堂々と行う精日現象は、政府の厳しい批判や取り締まりがあっても、様々な意図でやる人が続々と現れる。政府に何か不満があってやる人も、自分の境遇に不満があってやる人もいるし、今回、新郎に日本軍の軍服を着せた人達は、拘束される恐れもある行為を、面白がってやっているようでさえある。

ある中国メディアは「多くの人が偏った価値観を持ち、基本的な考えが欠けている。目を引くため、歴史の痛みや民族感情を気にせず最低ラインを超える」などと批判。精日行為が続く理由として、罰が10日間の拘束などで軽すぎるため、彼らは怖くないのだ、とし、ドイツではナチスを賛美するような行為はもっと刑罰が重い、と指摘している。

本当に処罰を厳しくしたら、多少は精日行為が減るのかもしれないが、なくなることはないだろう。海外旅行などで外の世界を知る人も増える中、特に若い世代が今の中国の状況を見て、なにか変だ、と思うことも増えているはずだ。去年、戦争遺跡での軍服コスプレなど日本を賛美する表現が多く問題になった印象だが、今回は、直接、中国を批判する表現が見られる。中国政府にとっては、自らに不満の矛先が向くことは最も避けたいことだが、力で押さえつけているだけでは、精日行為が今後ますます“日本が好き”から“中国嫌い”に向かうだけかもしれない。



いくら日本に擦り寄っても反日行為をやっ

てるうちはダメと何度言えばわかるのか。



そもそも支那地区政府が反日教育をやって

るから「敵の敵は味方」ってことで精日分


子が発生するんだろが(縛w


杉たるは及ばざるがごとしということわざ


を知らんのか(縛w


まあ日本はその支那地区の失政を利用させ


ていただくだけってことでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





中国に自爆攻撃も辞さず、フィリピン大統領
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190412-00056081-jbpressz-asia


news中国に自爆攻撃も辞さず、フィリピン大統領




 中国が1949年の建国以来、最大規模の海上軍事パレードを実施したのは、紛れもなく世界の火薬庫、南シナ海だ。

 ちょど1年前の2018年4月12日に決行された同パレードには、数十隻の艦艇や航空機、さらには1万人以上の人民解放軍が參加した。

 南シナ海を目の前にして、習近平国家主席は「世界最高峰の海軍を保有する重要性が、かつてなく高まっている」と兵士らを鼓舞し、南シナ海や南沙諸島(英語名スプラトリー)の覇権を競う米国や、領有権を争う東南アジアの周辺国を牽制した。

 さらに中国は今年2月、米軍が同諸島で「航行の自由作戦」の一環として軍艦2隻を航行させたことに、「中国の許可なしに我領域に侵入した」と反発、「中国の主権を侵害するもの」と非難した。

 こうした状況下、4月に入って中国による大量艦船の航行も明らかになった。

 フィリピン軍関係者によると、南沙諸島にあるフィリピン実効支配のパグアサ島(フィリピン名、英語名はティトゥ)周辺海域で、今年1月から3月にかけて中国の艦船275隻が航行していたことが、明らかになった。

 これを受け、フィリピン政府は3月29日、外交ルートを通じ正式に中国政府に抗議した。4月4日の本コラムでは、その詳細を一報した。

 そして同日、フィリピン政府は新たに「パグアサ島に中国が艦船を航行させているのは、国際法下での我が国の主権と管轄権を侵害している」と異例の抗議声明を発表

 5日には、2016年6月の就任以降、対中太陽政策を展開してしきたドゥテルテ大統領が、「パグアサ島に触れるならば、兵士に自爆攻撃を命じる」と珍しく中国を牽制した。

 これを受け、日本の大手メディアも7日になって、同島での一連の中国の大量艦船航行とフィリピンの中国に対する抗議行動を伝えた。

 フィリピンは、1971年から同島を実効支配しているが、中国が軍事拠点化を進めるスービ(中国名・渚碧)礁は、その周辺に位置する。

 これまでも同島付近への中国艦船の侵入に対し、少なからず抗議を行ってきたが、今回はこれまでと様相が違う。

 米国は3月、マイク・ポンぺオ国務長官がフィリピンのドゥテルテ大統領を訪問した際、「南シナ海での中国による人工島建設や軍事行動は、フィリピンだけでなく、米国の主権や安全保障、さらには経済活動を阻害するものだ」と非難。

 その上で、「南シナ海は太平洋の一部。従って、フィリピンの軍や公船、航空機に対し武力攻撃がなされた場合、米比相互防衛条約の下、相互的防衛義務を果たす」と中国を名指しで非難し、軍事行動への可能性を示唆した。

 米政府高官が、南シナ海での同盟国への防衛に公式に表明するのは初めて。米中貿易戦争を背景に、南シナ海や南沙諸島を巡る米中の対立はこれまでにない激しさを増していることの現れといえる。

 しかし、フィリピンはこうした米中の対立を快く思っていないようだ。そもそもフィリピンは米中という超大国を信用しておらず、南シナ海での武力闘争に利用されたり巻き込まれたりするのを怖れている。

 実は、こうした状況下でフィリピン政府は、1951年に米国と締結した米比相互防衛条約の見直しを協議したいという意向を持っている。

 3月の米ニューヨークタイムズ紙報道によると、フィリピンのロレンザナ国防相は「フィリピンはどの国とも対立せず、どの国とも戦わない。南シナ海で戦争に突入するのはフィリピンでなく、米国だ」と非難。

 米海軍は南沙諸島付近を駆逐艦に通過させる「航行の自由作戦」を定期的に実施しており、今年に入ってからはすでに2回実施し、その結果、「中国を激怒させ、対立を拡大させている」と米国を糾弾しているのだ。

 「米国は、西フィリピン海(南シナ海)で海軍艦艇の航行を増やしており、このままだと武力闘争に発展する可能性が高く、自動的にフィリピンが戦争に巻き込まれかねない」と、南シナ海をあえて、西フィリピン海と表現して、米国を牽制した。



こうなるのは目に見えてたのに支那地区を

引き込んだのはドテドテ、キサマだろが!!!!


支那地区を引き込んだこの3年間でどんだ

け利益があったんだ?


失った信用を差し引いても余りある利益が

あったのか?


なかったよなぁ!!!!


うちらがリアル分析でその魂胆を暴露した


途端、陛下もキサマの拝謁を拒否されたよ

なぁ!!!!



いまさらどのツラ下げて擦り寄って来てん

だ!!!!


支那地区がボコられてこっち寄りの流れが

見えた途端掌返すブザマでミジメな風見鶏


め!!!!

キサマは火災で丸焼けになっとけ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

平成から令和の時代につつがなく移行できたようで何よりです。上皇陛下の望まれた形になったのではないでしょうか。多くの国民も一連の流れを落ち着いて見ることができたと思います。即位の式の時は天気が晴れましたね。今は雲がまたかぶってしまいましたが。

昨日から今日にかけては私も珍しくテレビを見てました。元号発表の時も見てましたが。またしばらく見ないでしょう。


…続いてブログの記事関連ですが

・カナダ首相、安倍首相との会談で2度も日本のことを中国と言い間違える―中国メディア
https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_20190430012/

これは容赦しちゃいけないやつですね

>親支那地区の意思表示をするってことは、やはり可汗一味の地は争えないってことでつね。

No title

> 権兵衛 さん

いつもコメントありがとうございます。

まあキム田なんて眼中にないのでどうでもいいんですが、逆に言うと支那地区に対してもその程度の認識しかないってことでしょうね(縛w
靖国参拝しても「支那地区はなに喚いてんの?」ってことになるんでしょうね(縛w

No title

中華の為なんてのは嘘っぱちで、可汗一味の為
その為に絞り取られている支那地区人民かな
裏切り者はどちらの陣営からも信用されないのは世の常でもう手遅れかもしれませんね

No title

>わかり松。さん

返信ありがとうございます。
靖国参拝、なんだか文面を見ると今年は行く可能性もありそうですが、行ってしまえば面白いですね(そもそも戦没者を慰霊するのにイチャモンつけるのがおかしいですが)。
精神的日本人とやらも試されることでしょう。

日本人と支那畜を混同するアンポンタンは…間違われても嫌なので距離を置いた方がよさそうですね。

No title

スレチすみません。

「僕は安倍晋三君が憎らしいわけじゃない」と小沢一郎氏
https://www.news-postseven.com/archives/20190502_1358976.html

>僕が官房副長官の時、幹事長だった晋太郎さんには、何かあるとすぐ「小沢、来い」と幹事長室に呼ばれ、面倒を見てもらいました。

安倍ー小沢ー安倍
の証言がありました。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR