現在の閲覧者数:
FC2ブログ

日本age・ダメsage

.
「イルカ漁は適切」政府が答弁書を決定 「わが国の伝統的な漁業」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140225/plc14022511180006-n1.htm

news「イルカ漁は適切」政府が答弁書を決定 「わが国の伝統的な漁業」


 政府は25日の閣議で、米国のケネディ駐日大使が反対している日本のイルカ漁に関し、「わが国の伝統的な漁業の一つであり、法令に基づき適切に実施されている」との答弁書を決定した。

 答弁書は「政府はイルカを含む鯨類は重要な水産資源で、科学的根拠に基づき持続的に利用すべきだ」と強調。その上で「引き続きイルカ漁業に対する国際的理解を得られるように努力していく」としている。新党大地の鈴木貴子衆院議員の質問主意書に答えた。

 ケネディ大使は1月18日のツイッターで、和歌山県太地町のイルカの追い込み漁を念頭に「米政府は反対」と表明。「非人道性について深く懸念している」と投稿していた。




TPP会合、懸案残し閉幕へ=「意味ある前進」は確認
http://jp.wsj.com/article/JJ10546997220084833901219858187604138153025.html?mod=WSJJP_Japan_Politics

newsTPP会合、懸案残し閉幕へ=「意味ある前進」は確認


 【シンガポール時事】日米など12カ国による環太平洋連携協定(TPP)閣僚会合は25日午後、声明を発表し閉幕する。甘利明TPP担当相は同日朝、記者団に「今回での(交渉)取りまとめには残された課題がある」と指摘。声明では、交渉妥結に向けた「意味ある前進」があったことを確認するとの認識を示した。

 声明で早期妥結に向けた明確な道筋を示せなければ、交渉が「漂流」し、具体的な成果を出せないまま長引く懸念が現実味を帯びる。

 甘利担当相は、今回会合の成果について「意味ある前進があったことは共通認識だ。全ての懸案事項が解決されたかというと、それは残っているというのも共通認識だ」と表明。目標とした大筋合意が困難な状況であることを認めた。

 今後の交渉の進め方については、首席交渉官ら事務レベルの担当者に権限を与え、残された課題を実質的に詰めることが重要と強調。各国政府による協定への署名直前まで交渉官で作業を進め、「それができなければ(次回の)閣僚会合を開かないぐらいの決意を共有することが大事だ」と語った。 




影響回避へ米と連携=日本政府
http://jp.wsj.com/article/JJ10392312345573263509819573020193595002444.html?mod=WSJJP_Japan_Politics

news影響回避へ米と連携=日本政府


 菅義偉官房長官は25日午前の記者会見で、ヘーゲル米国防長官が陸軍兵力の大幅削減を発表したことに関し、「わが国を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増す中、日米安保体制の抑止力を確保するため米国と緊密に連携していく」と述べ、日本の安全保障に影響が出ないよう万全を期す考えを示した。

 小野寺五典防衛相は同日の記者会見で、ヘーゲル長官がアジア太平洋重視戦略は堅持すると表明していることに言及。「日米で検討している内容が急に変わるという認識はない」と述べ、防衛協力のための指針(ガイドライン)再改定や在日米軍再編などに影響はないとの見方を示した。 




日本企業に賃上げの気運
http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304775004579393721390514020.html?mod=WSJJP_Japan_Left_Latest_News

news日本企業に賃上げの気運


 【東京】トヨタ自動車をはじめとする日本の大手製造業者が久々に賃上げの構えをみせている。賃上げは安倍晋三首相が長きにわたって企業に強く呼び掛けてきたものであり、同首相の日本経済復活に向けた戦略で重要な部分を占める。

 日本の賃金は1990年代後半から下がり続け、デフレ長期化を後押しした。エコノミストらは、賃金は上がらないという心理的なハードルを取り除くことが景気楽観論を惹起し、その結果、景気回復の地歩を固められると話している。

賃金(ホーナスや特別手当を除く)は、消費者物価(生鮮食品を除く)ほど上昇していない

 大手企業は19日、毎年春に行われる労使交渉(春闘)をスタートした。労働組合は2008年の世界的な金融危機以降初となる賃上げを要求しているが、決して月(不可能なこと)を求めているのではない。いわゆる基本給について平均で1%の改善を要求しているだけだ。これは賞与やその他の特別手当を除外した給与だ。

 春闘は、1950年代から続く伝統で、大手企業が先陣を切り、残りの日本企業の賃金の方向性を決める。今年の春闘には期待が集まっている。安倍首相が財界に、手元資金を切り崩して賃金を引き上げるよう圧力をかけたからだ。4月に消費増税を控えているため、この動きは特に緊急性を帯びた。消費増税は個人消費を落ち込ませ、経済成長を鈍らせる恐れがあるからだ。

 安倍首相の口出しは功を奏しているようにみえる。





イルカもTPPもダメリカの要求を突っぱね、

ダメリカは陸軍を縮小。

「戦略に変更はない」と喚いても

掌返しが毛唐の常。


ダメリカの債務は増える一方なので、

今後も軍の縮小は続くんでつね。



逆に日本はようやく賃金が上昇し始め、

経済の好循環が始まりつつある。


円安でシナチョンに奪われたシェアを

奪回できれば日ダメ逆転で


大勝利目前でつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR