現在の閲覧者数:
FC2ブログ

断腸のクリンチキモい

.
>イエス・基督 was a 不細工なへアポ(爆wwwww
>http://tokumei10.blogspot.jp/2014/02/was.html


> イエス・キリストの顔というより、イエス・キリストの時代のイスラエル人の顔でしかない。イエス・キリストもイスラエル人であるから似た風貌はしていたかもしれないが、...
>で、イスラエル人=ユダヤ人なわけで・・・(爆wwwww
>で、イスラエルは中東ですからアラブ人っぽくても当然なわけで、北の方の白人系と混じって今の色白なユダヤ人ができたじゃまいか?
>で、そんなユダヤ人がイエズス会の宣教師として日本に来て日本人と交わったらこんな感じのへアポになるんじゃまいかと・・・(爆wwwwwwwwwww

自称高学歴・せいぜいチョン大学出の

南チョントンスラー自慰断腸は


日本についての基礎知識がないから

知らんだろうが。。。


日本人ーWikipedia

wiki日本人2


上記の分析から日本人の中には、D2系統とO2b系統が存在することが判明した。D系統はYAP型(YAPハプロタイプ)ともいわれ、アジア人種よりも地中海沿岸や中東に広く分布するE系統の仲間であり、Y染色体の中でも非常に古い系統である。

この系統は本土日本人・アイヌ・南北沖縄に固有に見られるタイプで、朝鮮半島や中国人にはほとんど見られないことも判明した。これは縄文人の血を色濃く残すとされるアイヌに88%見られることから、ハプログループD2は縄文人特有のY染色体だとされる。

アリゾナ大学のマイケル・F・ハマー (Michael F. Hammer) のY染色体分析でもYAPハプロタイプ(D系統)が扱われ、さらにチベット人も南北琉球同様50%の頻度でこのYAPハプロタイプを持っていることを根拠に、縄文人の祖先は約5万年前に中央アジアにいた集団が東進を続けた結果、約3万年前に北方ルートで北海道に到着したとする説を提出した[36][37][38]。

現在世界でD系統は極めて稀な系統になっており、日本人が最大集積地点としてその希少な血を高頻度で受け継いでいる。それを最大とし、その他では遠く西に離れたチベット人、一部の台湾原住民に存続するだけである。これは、後に両者を隔てる広大な地域にアジア系O系統が広く流入し、島国日本や山岳チベットにのみD系統が残ったためと考えられている。

なお東西に引き離されたD系統は、長い年月により東(日本)がD2、西(チベット等)がD1、D3となった。D2系統は本土日本人・アイヌ・南北琉球の日本人集団固有であり他地域には希である。また、近年の遺伝子調査により、アイヌは縄文人の単純な子孫ではなく、オホーツク人等の北方民族と混血しており、複雑な過程を経て誕生したことが明らかになった[39]。ハプログループD2は本土日本人の平均でも、最も頻度が多く、またC1も他の国には見られないY染色体ハプログループとされる。

O2系統からは、他に東南アジアやインドの一部に見られるO2a系統と、日本のO2b1、中国東北部・朝鮮に多いO2bにそれぞれ分類される。そもそものO2b系統は長江周辺が発祥、ベトナム人に多い系統である。

崎谷満によれば、最初に日本列島に到達し、後期旧石器時代を担ったのはシベリアの狩猟民であるC3系統である(2 - 3万年前)。バイカル湖周辺からアムール川流域およびサハリンを経由して、最終氷期の海面低下により地続きとなっていた北海道に達した。また、一部はさらに南下し、北部九州に達した。崎谷は細石刃石器を用い、ナウマンゾウを狩っていたと考えている。

その後、約1万数千年前に、大陸からD2系統が入ってきた。これが縄文人である。D2は日本に多く見られる系統であり、アイヌ88%、沖縄県(北琉球の一部と南琉球)56%、本州42 - 56%で、東アジアでは存在しない。近縁のD1、D3がチベットで見られる。D系統は華北で東西に分かれ、東がD2、西がD1、D3になったと考えられる。

D2の分岐は日本列島内で、氷河期の終わりと共に孤立したハプログループDの系統から独自にハプログループD2に分岐したと考えられる。

同じ頃、経路は不明であるが、インドに起源を持つC1系統が南九州に入ってきた[要出典]。貝文土器を用い、縄文人とは異なる文化を南九州に築いた。

O1系統は台湾が起源である。崎谷満はオーストロネシア語族との関連があると想定している。台湾と近いにもかかわらず、日本列島ではO1はごく少数に過ぎない。

O2a/O2b系統について、崎谷満は長江文明の担い手だと考えている。O2b系統が移動を開始したのは約2800年前で、長江文明の衰退に伴い、O2aおよび一部のO2bは南下し、百越と呼ばれ、残りのO2bは西方及び北方へと渡り、日本列島、山東省、日本から朝鮮半島渡ったと崎谷満は主張している[40]。長江文明の稲作を持ち込んだと考えられる[41]。



日本人に中東の遺伝子が入ってんのは

常識

なんでつね。


他にも。。。


wiki日本人


日本には世界で(主に)日本人にしか見られないハプログループM7aというグループがある[27]。これは台湾付近で発生したと考えられ、琉球諸島・アイヌに多く本州で少ないという特徴的な分布をしている(Mグループについて、M7aは台湾・日本から朝鮮半島中国北東部への北上。M7b,cは南方及び中国沿岸へ)。M7aの最大集積地が(最も頻度の高い地域)は日本列島であり北上の上限がシベリアであったとの見方が主流である。M7a、M7b、M7cについてもシベリア等からの発祥は考えにくく、南方から北方に移動があったとされている。

これに対して崎谷満は2009年の著書で、M7aは極東・アムール川流域にも見られるほか、シベリア南部(ブリヤート)、東南アジアにも見られるとし、発生したのはシベリア南部 - 極東あたりと予想する一方、台湾先住民にも台湾漢民族にも存在せず、台湾から北上して日本列島に入ったものではないと記している[28]。なお崎谷は上記の著書において、ミトコンドリアDNA・Y染色体といった分子人類学的指標、旧石器時代の石刃技法という考古学的指標、成人T細胞白血病ウイルスやヘリコバクター・ピロリといった微生物学的指標のいずれにおいても、東アジアのヒト集団は北ルートから南下したことを示し、南ルートからの北上は非常に限定的で日本列島には及ばなかったと述べている[29]。しかし、M7b,M7c等が台湾を中心に拡大していることからもM7は北上ルートでシベリアに達したと考えるのが一般的である。この為近年では崎谷満の説は一般的に受け入れられていない。


だから。。。

>マインドコントロール云々以前にオウムサマナなんて連中は記憶力があって高学歴かもしれないけど本質は騙されまくりなどうしようもない世間知らずのアフォなわけですよ。(爆wwwwww

というブーメランはテメーのケツに

ブッ刺さるわけでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



殺人教祖なんざとっととタヒんでくれて

結構なんだが、


人種がどうとかぬかすのであれば

こいつの親もその親も


さぞかし大それたことを

やってるんだよなぁ!!!!


さ、出せよ。

何をやったか出せよ。



( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!

よう!!!!自称分析サイト!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



オマエがなぜ毎度毎度大敗北するのか

まだわからんか?


適当なツギハギでつなげられるのは

物事の一面だけでしかなく、


別の視点から見れば

バカが喚いてるだけでしかないことが明白。



>ウクライナ・クライシスとシオニストとオウム真理教と餃子の王将と北朝鮮
>http://tokumei10.blogspot.jp/2014/02/blog-post_3960.html


も、オマエが喚いてる。。。

>実質的にシオニズム発祥の地なんですよ。ウクライナは。(爆wwwww
>本当の意味でのオウム真理教の原点でもありますな。(爆wwwww

が対立の根源なら、ロシアとEUは

「ホロコーストの原点を


必死に取り合ってる」

事になるんでつね。


ブワwwwwwwwカ!!!!


地政学的に必要だから

取り合ってんだよ!!!!

よう!!!!宗教左翼!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


まあ所詮オマエは。。。


>大野木幹夫さんが以前、常滑署副署長されてた件
>http://tokumei10.blogspot.jp/2014/02/blog-post_6957.html


> site:tokumei10.blogspot.com わかり松 サイエントロジー - Google 検索 via kwout
> site:tokumei10.blogspot.com わかり松 ここ掘れわんわん - Google 検索 via kwout

勝者に縋りついて事大する

南チョントンスラー自慰断腸

ってことでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



で。。。


>山本文郎@オウム真理教報道@TBS死去
>http://tokumei10.blogspot.jp/2014/02/blog-post_27.html


>コレはまた非常にアレなタイミングですなあ・・・(爆wwwww

「アレなタイミング」ってなに?

「絶妙なタイミング」とか


「タイムリー」とかもう言わないの?

なんで?ねぇなんでなの?


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR